在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

雪の日の営業

朝8時半。
おそるおそる電話をかけて尋ねた。
・・・あのう、今日はデイサービスは営業していますか?
 「してますよ!
  ただ送迎バスが1時間ほど遅れるんです、この雪のせいで」


(雪見あじゃり)

私が住むのは兵庫県南部。
普段はめったに降らないこの町でも、さすがに今日は10センチの積雪だ。
たかが10センチでも、タイヤの小さな室内用車椅子で外出するには、通り道の雪をかかねばならない。
とはいえ送迎バスが「1時間ほど遅れる」ということなので、私は余裕をかまして



雪だるまつくって遊んでた。
そしたら1時間どころか10分でバスが来ちゃった。
いや、早いよ!
まだ雪かき終わってないよ!
 「ちょっとお父さん手伝ってよ!」
振り返るとオヤジは滑って転んで仰向けのカブトムシみたいになってた。
相変わらず役に立たないオヤジである。

バタバタと母を送り出し。
こんどは私が出かける番。
友達とランチの約束がある。
レストランの予約もとっている。
雪だろうがなんだろうが遊びにいくのには問題ない。
慣れない雪道をギャアギャア騒ぎながら歩いてレストランに到達すると
 『CLOSE』
の札が。
レストラン、営業してなかった。
 「予約してたのに・・・」
 「頑張って来たのに・・・」
 「なんでだ・・・」

しょうがないから別の店でパスタ食べて帰った。


(おいしかった。)

東京のほうは明日もまだ降るそうですね。
皆様の町は大丈夫ですか。
転倒と風邪に気をつけて。
今日も1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/440-500ef924