在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

ちょっとかなしい夫婦喧嘩

「ほんまにもう!」
オヤジが突然、肩を怒らせて部屋に入ってきた。
・・・あれ?
オヤジは母と2人で夜のコーヒータイムを楽しんでいたのでは?
 「ほんまいうこと聞かへんねん!
  あの○○○○○!」
オヤジが母を罵る言葉を初めて聞いた。
驚いてすっとんでいくと、母は半ばベッドからずり落ちかけていた。
わっ、めっちゃ危ないやん!
苦労して引っ張り上げる。
・・・お母さん、どうしたの?
 「あのね、お母さんね、隣の部屋にいこうと思ったの。
  自分で歩いて行けるからっていうのに、お父さん、きいてくれなくて」

母は立てないし歩けない。
ひとりでは座ることもできない。
だけど、それを認識することもまたできないのだ。
左足が動きにくいけど歩くぶんには差し支えない、くらいに思ってる。
だから
 「歩けるから大丈夫!」
とベッドから半身をのりだし落ちそうになっていたのだ。
・・・よくあることだ。
母は毎日おんなじことをいう。
そのたびに私たちは話題をかえて、さりげなくベッドに戻し、危険を避けていた。
なんで止めてくれなかったのときくとオヤジは
 「止めたよ!でも歩けるってきかないんだ!」
もう本気で頭にきているようで、イライラした熊みたいになっていた。

母に「歩けないんだよ」と説明しても理解できない。
認知症なんだよ。
血管性認知。
高次脳機能障害っていうのかもしれないけど。

噛んでふくめるように説明するとオヤジはぽかんと口を開けて
 「そうなのか?」
・・・えっ。
今更!?
ずっと前に説明したよね?
ドクターからも説明してもらったよね?
退院してきてからずっと一緒に暮らしてきたじゃない?
お母さんが理解できないのは脳の障害なんだよ!!
 「でも、かあさん喋ることが普通だからそんなの思ってなかった」
いや、普通じゃないやろ全然!!!

母が倒れて11か月。
家に帰って来て4か月。
現状認識ができていないのはオヤジも同じでした。

実はオヤジは、30年いっしょに暮らした妹の障害のこともあんまり理解できていません。
なんど教えても知的障害についてはわかってもらえなかった。
『相手が理解できない』ことが理解できないらしい。

2人はこれから何度、こんなむなしい夫婦喧嘩を繰り返すのだろうか・・・。
励ましの1クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/422-65632946