在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

0

玉子どろぼう!

母は外食が大好きだ。
今日もみんなでランチに行くことになった。
でも焼肉屋やファミレスなど、家族で入りやすい店は、ソファが作り付けだったりテーブルの足が大きかったりして車椅子に不便なところがけっこう多い。
回転寿司もそうだった。
せっかく家族で行ったのに、子供たちはテーブル席、母と私はカウンター。
べつべつの席に分かれなくちゃいけなくてちょっと残念だった。
これが妹を連れて『車椅子2台』になると、そうそう外食なんかには行けないのが現状だ。
でも行くけど。

さて回転寿司のカウンターで私が玉子を食べていたら、
母がものほしそうな顔でこっちを見ている。
欲しいの?
半分あげようか?
 「うん!」
一貫だけ母の皿に移動させたとき、携帯が鳴った。
ちょっとゴメン、と立ち上がり、電話にでるため店をでた。
通話はものの1分。
すぐに席へ帰ってくると。
・・・ない!
私の玉子が、ない!
どこいった!
見れば母の皿に玉子が二貫。
なんで二貫ともそっちにあるの!?
勝手にとらないでよ!
 「だって一貫くれるっていうたやん」
だからあげたやん!
なんでもう一つまで盗るのよ、玉子どろぼう!
 「だって、だってね・・・!」
私も母も大笑いした。

母は、半側空間無視だ。
左側が見えない。
目の前の皿は見えているが、皿の中身は右半分しか見えない。
左側に置いた玉子は分からなかったんだろう。
こういうことはよくあって。
家でごはんを食べるときも、しょっちゅう隣の皿にお箸をつっこんで食べてしまう。
下の妹はうまく口がきけないから、勝手にぱくぱく食べてる母を見て、グフフとひそかに笑っている。
 「また盗んだな~」
それを見つけて私が笑い、母も笑う。
近頃の母はなんだかお茶目で、可愛いから。

でもお店のカウンターで食べるときは気を付けないといけない。
もし母の右側に知らない人が座ったら、その人のお皿のものを盗んじゃうかもしれない。
玉子が私ので本当によかった・・・。


つぶれてるアジャリに免じて
1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/407-4319bea4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。