在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

残念!!!!

カミは言った。
 「信じる者は、救われる。」
だが私ならこう言おう。
 「信じる者は、裏切られる。」

私は信じた。
母の言葉を。

 「自分でできるよ、寝返りくらい」

寝返りできてへんやんか、やっぱりー!
大丈夫ちゃうやんかーーーー!
褥瘡(とこずれ)できちゃった!

退院からずっと気をつけていた。
妹が酷いことになって、褥瘡の怖さは身に染みている。
夜も2時間ごとにちゃんと寝返りさせていた。
11時に寝たら1時、3時、5時とスマホでタイマーかける。
だが母は最初から寝返りを嫌がった。
 「仰向けじゃないと眠れないんだもん!」
寝返りなんて必要ないと言う。
叔母によると
 「若いころから直立不動で微動だにせず眠る人」
だったらしい。
私も横向きで眠る母なんて見たことがない。
それでも褥瘡は恐いから、クッションを挟んで横向きになることにしぶしぶ同意した。
・・・が、様子をみにいくたびにクッションは確実に外れていた。
邪魔ではずしちゃったのだろう。
寝ている間に動いてる証拠だからいいかって思ってた。

そしてここ1週間。
風邪をひいた私は別の部屋で寝ていた。
腰痛で屈めなかったから寝返りさせられなかった。
つまり放ったらかしだった。
だって私も眠かったんだもん!!
母も寝返りのたびに目が覚めて気の毒だなあって思ってた。

ほったらかし2日目くらいに
ぜんぜん寝返りしてないけど大丈夫?
とたずねると、母は言い切った。
 「自分でできるよ、寝返りくらい!
  もぞもぞ動いてるから大丈夫!」
信じた私がバカだった。
やっと自分でオムツ交換できるようになって、よくよく見ると、あら残念。
仙骨あたりに大きな赤いシミができちゃってましたー。

・・・思わずため息ついたりして。


(天も仰いでみた)

ま、たいしたことないんだけどね。
ちょっと悔しいなー。
妹用にドレッシング材いっぱい買ってあるからとりあえず貼っといた。
風邪も腰痛も治ったし、今夜からまたタイマーかけて寝ます。

近いうちに床ずれ防止マットに替えるぞー。

最初からそうしとけよ!というツッコミを兼ねて1クリックよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/397-2db2f18e