在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

後ろ向きの奇跡

いろいろあって
言葉もでないほどいっぱいいっぱいで
はちきれそうになって
・・・友達とUSJに行った。
月に一度の休日だ。



あきれるくらいの晴天だった。
私は雨女のはずなのに。
平日で空いていたから、アトラクションで遊びまくり、ショーを見まくり、おやつを食べまくり、バックドロップに乗りまくった。
「バックドロップ」といってもプロレスの技じゃない。
後ろ向きに走るジェットコースターのこと。
楽しかった!



ラッキーなことに最後尾に乗ることができた。
後ろ向きの最後尾だから私の前には誰もいない。
何もない。
特等席だ。
乗り物が動きだしトンネルをくぐる。
最初の山をのぼっていく。
ゆっくりゆっくり高みへとのぼりつめていく。
進行方向に背を向けているから、行く先が見えない。
いつ何が起こるのかまったくわからない。
突然、ガクン!と頭から落ちていく。
落ちていく!
体ごと宙に放りだされる感覚。
悲鳴をあげながら安全バーにしがみつく。
かと思うと急に上へと引っ張り上げられる。
右へ左へ、乱暴に投げつけられる。
風にさらわれる。
空へ飛ばされる。
空へ。
青空へ。

つまずいて転んで倒れるまでの一瞬がスローモーションに見えるときがあるが、そんな感じで、私は空を見ていた。
ジェットコースターのてっぺんの空はものすごく青かった。
どこまでも広かった。
白い太陽が輝いていた。
世界のぜんぶを照らしていた。
私の隣で太陽は輝いてた。

投げとばせ!
放りだせ!
とんでいってしまえ!
すべて、この青空の彼方まで。

後ろ向きの爽快感に夢中になって2回も乗り、それでも足りなくて前向きの普通バージョンにもまた並んで乗った。
めちゃめちゃ楽しかった。
なにしろジェットコースターに3回乗ってたまたま3回とも同じ席、しかも最後尾だなんて!
ツイているにもほどがある。
ツイていたのは、もしかしたら、友達が一緒だったからかもしれない。
彼女は晴れ女だから。
落ち込んでる私に寄り添ってくれたから。
今日一日で一番ラッキーな奇跡は、良い友達がそばにいてくれたことだ。



たくさん遊んでたくさん叫び、
たくさんたくさん笑ったら
奇跡みたいに元気でた。
前へ前へ、進むことばかり考えて疲れてたから。
ちょっと立ち止まってバックドロップに乗るのは悪くなかった。


読んでくださってありがとうございます!
良かったら、励ましの1クリック or コメントをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/378-5f8195b8