在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

0

高齢者と障害者の制度の違い

身体障害者手帳によれば、母と妹は、まったく同じ
 『1種1級』。
だけど母は発症したのが65歳のときだったから、惜しいことに身体障害者としてのサービスをほとんど受けることがでいない。
「高齢者」というくくりになるからだ。

同じように体がきかなくて不自由していても、障害者と高齢者のシステムはぜんぜん違う。
市役所の課も法律も違う。
障害者は「自立支援法」。
高齢者は「介護保険法」。
両方、勉強しなくちゃね・・・。

たとえば、車椅子。
障害者は、補助をだしてもらって車椅子を「買う」。
高齢者は、月いくらでの「レンタル」だ。
レンタルのほうが壊れたら修理してもらえるし、ずっと便利だと思う。

たとえば、紙おむつ。
これは自治体によって違うのだけど。
私の住む町では、重度障害者はよほどの高額納税者でないかぎり紙おむつ代が支給される。
けれど高齢者は、家族が一人でも働いていれば支給されない。
うちの場合は妹だけが支給を受けている。

たとえば、ヘルパーさん。
障害者は『月○○時間まで』と決められており、その枠内におさまるように来てもらう。
高齢者には『点数』というものがあって、ヘルパーさんだけでなく施設利用なんかもいっしょくたに計算するから、これが難しくて分かりづらい。

我が家は長年、障害者のやり方に親しんでいたから、勝手がちがって戸惑いまくりだ。
なにより戸惑うのが
 「ケアマネージャーさん」
の存在!

障害者の家族って、ぜんぶ自分で考える。
どれだけヘルパーさんに来てもらうか、どこの施設を利用するか。
完全に自分たちで計画をたてて交渉して申し込みをする。
私はそれに慣れていたから、母のときも全部自分で組んでしまった。
だけどいざ申し込みをしようとすると
 「ケアマネさんを通してください」
っていわれてしまう。
なのにケアマネさんに連絡したら、たいてい繋がらへんねん、忙しいから。
障害者のやり方に慣れている人間にとっては、
ケアマネ制度ってめちゃめちゃめんどくさいねん!
たまにイラつくねん!
自分でやったほうが早いねん!
よくいわれることだけど、ケアマネさん選びって大事らしい。
当たりはずれがはなはだしいらしい。
いろいろ手伝ってもらえて便利だよって聞いてたのだけど・・・。
どう接したらいいのかすら、まだわからない。
・・・慣れ、か・・・?

障害者も高齢者もどちらの制度も一長一短。
いいとこどりの一本化してくれたらいいのになー。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/354-4d59ab56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。