在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

片手だけでも料理をしよう

母といっしょに夕飯をつくる。
今夜のメニューは鮭と白菜のクリーム煮とグリーンサラダ。
母は野菜を切る係。
白菜、キュウリ、キノコを切った。

母は左片麻痺で、幸い利き手がつかえるんだけど、それでも片手で切るのはむずかしい。
切ろうとすると野菜が逃げる。
スルリスルリと滑ってしまう。
そこで我が家はこれを買った。



片手用のまな板。
釘に野菜を刺して固定する。
やり方を教えると自分で白菜をぶっ刺して使ってた。
なかなか楽しそうだった。


(白菜をザクザク。根本の分厚いところはそぎ切りで)

これはもちろん、ネットで買った。
 「片麻痺用の調理器具ないかな~」
と検索して、ぽちっとやってお買い上げ。
あっという間に届いた。

30年前、母が妹の介護をはじめた頃は、もっとずっと大変だった。
介護グッズを売ってる店なんかなかった(少なくとも田舎には)。
福祉車両なんてほとんど見かけなかった。
バリアフリーって言葉もなかった。
 「歩けないなら、家にいろ」
という風潮だったように思う。

テレビやネットをみていると、誰もが不満だらけで、政治が悪くて、何もかもがどんどん悪くなっていくみたいだけれど。
私はそうは思わない。
社会が冷たくなったとは思わない。
昔は障害者差別なんて当たり前で、差別発言もザラだったのに、今ではそんな言葉を聞くこともない。
法制度が整えられ、ヘルパーさんが使えるようになって、楽になった面も多い。
高齢化がすすんで崩壊寸前の世の中だけど、それでも進化しているところもある。
つまり・・・便利な世の中になって本当にありがたい!

さっき寝返りをさせにいったら、母が目をさまして
 「ウィーンにいく夢をみてたの。
  興奮して眠れない!」
いや、眠ってるから夢みてるんやろ。
と突っ込む間もなく母はまた寝てた。
相変わらずお幸せである。
どんな障害があっても海外旅行に普通に行ける、そんな世の中もじきにくるのかもしれない。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/352-00c90f12