在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

介護者だって働きたい!

現在の政治は、在宅介護を奨励しているという。
 「年をとっても老人ホームではなく自宅で暮らそう!」
というのがこの国の進む方向らしい。
そりゃあ、お家が一番だ。
死ぬまでお家で。
要介護になってもお家で。
認知がすすんでもお家で。
それができたら。
素晴らしい。

じゃあ政治家さん教えてよ。
どうやって食っていけばいいのかと。

高齢者が自宅で過ごすには介護する人間が必要だ。
たとえば、私みたいな。
介護者は家からほとんど出られない。
働きに出られない。
(介護したことのない人のために書いておくと、就寝中も2時間おきに体位交換しなくちゃいけないので夜も出られません)
それでも年金もらえるひとはまだいい。
稼いでくれる家族がいればもっと良い。
だけど私みたいなシングルアラフォーな介護者は、ほっとくと確実に食い詰める。
今のところは旅行のためにとっておいた貯金でなんとかしのいでいるがじきにそれも尽きるだろう。
父の仕事もなくなるし。
このままいけばやがて憧れのナマポ生活ってやつ突入するのかもしれない。

いやいやいやいや!
アカンやろ!

私はなんとか働きたいと思う。
仕事を得たいと思う。
親の年金で食っていくのだけは避けたいところ。
現在、母がデイサービスに通っているのは週2日、そのうち1日は妹をみなければならないので、私の体があくのは週1日。
今はそのたった1日を利用して、自分の病院とか役所の手続きとか買い物とかで走り回っているのだけれど。
もうちょっと落ち着いたら。
もうちょっと母に体力がついて週3~4日通えるようになったら。
パートを探したいなあって思う。

とりあえずそれまでなにか、家でできる仕事がないかなあ・・・。
なにか・・・
なにか・・・って。
そういうわけで。
ごめんなさい、広告ふやしました。
この先もっと増えるかも。
何もしないよりアフィリエイト乞食のほうがマシだから。
お買いものの際に使っていただけると「我が家の家計」と「私の心」が助かる仕組みです。
頑張って良い文章を書けるように励みます!
良い内職あったら教えてください。わりとまじで。

それとはべつに、今日から試験的にコメント欄あけてみます、拍手ではお返事できなくて歯がゆいので。
コワイヒトがきたらまた閉じます。
よろしくお願いします。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/342-cf0d1e1d