在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

今を支えるもの

所用で宝塚の町を車で走ったとき、女性たちの集団とすれ違った。
なんだか華やかな・・・見覚えのある人たち。
歌劇団のOGだ!
懐かしい顔がいっぱい。
かつてのスターがぞろぞろいた。
と、思う。
まったく名前がわからない。
思い出せないのだ。
あんなにも通ったのに、あんなにも観たのに、あんなにも好きだったのに!
宝塚歌劇団100周年のイベントがあって卒業生が大集合していたのだと後で知った。
・・・100周年のイベント。
ファンだった頃の私はこの日をすっごく楽しみにしていたっけ。

夜には従妹と会い、昔話に花を咲かせた。
子供のころ好きだったラジコン。
買ってもらえなかったチクタクバンバン。
「そういえば、ドラクエ・オンラインはまだやってる?」
ときかれた。
去年の夏にはまって、この2月まで参加していたゲームだ。
ネット上の友達がいっぱいできておもしろかったっけ。
あんなにも時間を費やしたのに、あんなにも遊んだのに、あんなにも熱中したのに!
今はもうネットにつなぐことさえない。

好きだったスターは、みんな去ってしまった。
大事にしていたおもちゃは、みんななくなってしまった。
過去は費え、夢は消えた。
遊びの時間は終わってしまったのだ。

 「遊ぶことは時間の無駄だ」
と高校の先生は言ってた。
 「そのとき楽しくても何も残らない」
私はそれは違うと思う。
楽しかった時間は無駄ではなかった。
思い出せない記憶の上に、あこがれの残骸の上に、幻の友情の上に、今の私は足をふみしめて立っている。
けして消えない過去の喜びが、今を支えてくれている。
 『思い出を大切にすれば、優しい人間でいられるわね』
そんな台詞があったんだ。
消えてしまった舞台の中に。
スターの名前を思い出せなくても、私のなかには、大事なことがちゃんと残ってる。

だから…100周年おめでとうございます。
つぶれないでよかった!


スポンサードリンク


って書いたら「100周年は来年よ!」のご指摘が。
音楽学校の100周年だったそうで。
・・・何回もイベントするわけね。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/299-e48a1327