在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

「大丈夫?」

「秋になったら、母を家につれて帰る。」
そう宣言したら
 「大丈夫?」
 「大変ね!」
っていっぱい言われました。
たくさんの方が心配してくださりました。
みんな優しいです。
ほんとうにいい方ばかりです。

でも。

正直、疲れました。

否。

飽きました。

大丈夫?ってきかれることに。

いつもどう答えていいかわかんない。
 「大丈夫です!」
っていっても信じてもらえないし、
 「ぜんぜん大丈夫じゃないです!」
とは、いえないし。
大丈夫かどうかなんてやってみなければわからない。
しかたがないから
 「ええまあ、ぼちぼちやりますわー」
と、てきとうにごまかしとく。

「心配」とか「不安」とか。
「しんどい」とか「大変」とか。
「やっていけるかどうか」とか。

そんなもん、しらない。

考えたって仕方がない。

どうでもいいんだ。

そんな言葉は、私には、いらないから。

ネガティブな言葉からは何もうまれないから。

たとえば知らない土地で迷子になったときに
いろいろ心配したり
大変かなって思ったり
やっていけるかどうかなんて、考えても無駄だから。
不安になっても良いことひとつもなくて、体力を奪われるだけだから。
それよりしっかり前を見て、道を探すほうに集中したい。

 「大丈夫?」
ってきかれたとき、近頃では
 「楽しみです」
って答えてみる。

何が起こるかわからない。
人生も旅も。
それがおもしろいんじゃないか。

安全な道へ逃げて後悔するよりも
やれるだけのことをやってみたいと思う。
何事も頑張ったら疲れるから
とりあえず楽しんでおこうと思う。

母が帰ってきたら、あれをやってみよう。
あれを買ってきて食べよう。
あの話をしよう。
あれを見せよう。
妹と3人で、こうやって過ごそう。
・・・そんなふうに、いろいろ、考えてる。

不安なことはいっぱいある。
すっごく大変でぜんぜん大丈夫じゃないことがいっぱいある。
今でもあるし、これからももっとあるだろう。
あたりまえだよ!
生きてるんだから。
きっとみんな、誰だって同じ。

浅はかでもいい。
苦しんでもいい。
後悔してもいい。
人生は旅だから。
生きてくことは難しいけど、きっと楽しい。
だから。
「大丈夫?」っていわれるよりも
「頑張ってね」って言葉のほうが嬉しいのです。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/298-413c12f4