在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

可哀想な幸せ

近頃は少なくなったけど。
私の妹が障害をもっているという話をすると、年配の人などから
 「可哀想に」
と言われることがある。
何が可哀想なのですか? と尋ねると
 「だって自分で動かれへんのやろ?
  五体満足なだけでも、うちらは幸せやと思わなアカン」
との答え。

こんなこともあった。
 「あなたたちの世代は可哀想ね」
と、年上の奥様に言われたのだ。
 「豊かな老後を送ろうと思ったら6千万円も必要なのよ。
  あなたたちの世代だと年金なんてもらえるわけないじゃない?
  可哀想にね」
奥様は年金を払ってるんですか?ってきくと
 「オホホ、払うわけないじゃない!」
危うくグーで殴っちゃうところだった。

「かわいそう」は本来とても優しい言葉だと思う。
傷ついたひとにより添い、抱きしめ、いっしょに泣くための言葉だと思う。
しかし人間とはグチっぽい生き物で
他人と比較することによって己の幸運を認めやすくなるらしい。
『あの人に比べたら私はまだマシ』と。
『あなたは可哀想だけど、私はそうじゃない』と。
「可哀想」という言葉ひとつで
優越感をもつことも
他を貶めることもできるのだ。
その無意識が
その優しさが
相手の心を傷つける凶器になるとも知らずに。

ちなみに私は妹を可哀想だと思ったことはない。
妹はたしかに自分では動けないけど
それでもエジプトへ行った。
ピラミッドを見た。
友達ともしょっちゅう旅行に出かけている。
温泉に行く。
焼肉に行く。
音楽会を聴く。
映画をみる。
毎日毎日、笑ってる。
ケラケラケラケラ、笑ってる。
ひとの幸せはそれぞれに違うから
あの子にとって何が幸せなのか本当にはわからないけど
毎日毎日グチをこぼしたり
ひとの悪口を言ったり
悲観的になったり
友達がひとりもいない人よりは
自分で動けない妹のほうがよっぽど幸せそうに見えるのだ。
あの子はけっして『可哀想』じゃない。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/27-eb351bb3