在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

つめこむべきもの

私は小さな人間だ。
身長が小さいばかりではない。
器が小さい。
心が小さい。
若い頃、そんな自分に嫌気がさして広い世界にあこがれた。

でも残念ながら今でも心は小さいままだ。
容量がすくないから、つめこむとすぐいっぱいっぱいになってしまう。
今、私の中に詰め込まれてるのはこんな感じ。

自立支援法。
介護保険法。
生命保険の代理請求。
見つからない預金通帳。
母が属していた、いくつもの団体。
5月の支援計画。
ややこしいおっさん。
移送サービス。
紙オムツ。
ヘルパーさんの駐車場。
お金の問題。
ご近所トラブル。
父の世話。
・・・。
・・・。
数えていくとキリがない。
ただ「母が倒れた」っていうだけなら単純なのになあ。

悩むことはアホらしいし、なるべく明るい空をみるようにしてる。
それでも大小さまざまな問題が澱のように沈殿し、知らぬ間に堆積していく。
今日、ふとした拍子に足をとられた。
些細なことが原因で、ストレスの泥沼におちてしまった。
わけもないのに涙があふれて手が震える。
息ができない。
運転がおぼつかなくなって車を停めた。
近所に住む友達に電話した。
 「今から行くから」
友達は理由もきかずに
 「いいよ」
と受け入れてくれた。
2人でたわいない話をし、ご飯とおやつを食べさせてもらったら、落ち着いてまた運転できるようになった。
彼女は命の恩人だ。

頭がすっきりした帰り道。
私はおまじないを唱えて、自分の中に違うものを詰め込むようにした。

アフリカ象。
イグアスの滝。
ウユニの鏡。
ジャマエルフナの祭り。
マルタ島の青空。
インドの熱気。
カンボジアの孤児院。
ブルガリアのアイスクリーム。
・・・。
・・・。
私は小さな人間だから。
世界がどんなに広いか知ってる。
世界がどれほど過酷か知ってる。
私はとても恵まれているし、
そんな小さな私の悩みなど、どれほどくだらないことか、身をもって知っている。
だから明日も頑張ろうと思う。



小さな心に広い世界を。
とどめておくよう努力する。
そのために旅をしてきたのだから。

週末に『地球の迷子』更新しました

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/250-c35fd579