在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

トシオちゃん

ゆうべ、父が帰宅するなり、母に言った。
 「相談があるんやけど」
 「また?」
ため息をつく母。
小遣いがなくなったからなんとかしてくれという相談にきまっている。
いつものことだ。
ところが今夜はひとあじ違った。
父はさもうれしげに、そしてどこか得意げに、提案したのだ。

 「今夜から風呂掃除をするから、1回100円くれへん?」

子供のお手伝いか!
小学生か!
そこまでお金ないんかー!

家族全員でツッコミまくりつつ大笑いした。
 「どうだ? あかんか?」
 「まあいいけど」
母は笑いながら承諾し、父は
 「それじゃあ早速」
いそいそと風呂場へむかった。
我が父トシオ、60の峠を越えてなお、やってることは小学生。
永遠の小学生。
あきれていたら、母がぽつりと呟いた。
 「ほんま、あんたたち、よく似てるわ」
・・・なんですと!?

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/194-f31aed2b