在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

怖い話と猫との関係

本を読んだ。
一晩中読んでた。



高野和明の『ジェノサイド』。
ずっと読みたかったんだけど、タイトルにびびって今まで勇気が出なかったのだ。
ようやく読み始めたら、一気読み!
テーマは重いのに目が離せない。
ものすごい本を読んでしまった、と思った。

めちゃくちゃおもしろいんだけど、覚悟していたとおり「虐殺」をタイトルにしているくらいだから怖かった。
同じ小説でもホラーなんか目じゃない!
幽霊や呪いなんて「フィクションだ」と安心していられる。
でもアフリカの戦争の話は。
少年兵の話は。
今現在、実際に起こっていることだから。
怖くて怖くて、もう…。

むごたらしい場面が続くと疲れるのでときどき休憩した。
本を閉じて猫を触った。
猫がいなかったら、とても全部は読めなかったと思う。
 「サンジ助けてーーー!」

平穏無事
(平穏無事にゃんこ)

家で怖い本を読むときは、必ず猫のそばで読むようにしている。
猫の寝顔をみるとホッとするから。
背中やお腹の毛をもふもふすると癒されるから。

いや、怖い本だけじゃない。
現実につらいことがあったときも悲しいことがあったときも、猫たちのモフモフに救われてきた。
私はもう猫がいなかったら生きていけないのかもしれない。
……猫アレルギーだけどな!

猫アレルギーで猫中毒な私に激励の1クリックをお願いしします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

ついでに私の本もよろしくです!

在宅介護しながらウィーンへ行く方法

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する