在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

一人バイオリン

母とバイオリンの練習をした。
いつもの2人バイオリンでいつものシベリウス。

練習が終わって私がバイオリンを片付けようとしていたら、母が
 「やっぱり一人で弾きたいなー」
といった。
 「弾けると思うねんけど。」
そっかー。
弾きたいかあ。

母は、自分の障害がいまいち理解できない、という障害をもっている。
妄想はほとんどなくなったのだけど、今でもときどきは普通に歩ける気がしたり、左手が動くような気がしちゃうらしい。
 「できるもん!」
と無理をいって、試してみて、やっぱりできないのでガッカリする、といういつものパターン。
これ見てるほうはけっこうつらいんだよ。

でも今日はどうしても弾きたいっていうから。
たまにはいいかなあって思って。
道具もあることだし。
ひとりで弾いてもらうことにした。

では御覧あれ。
母の一人バイオリン!(ふつう。)

独りバイオリン
(木の台は本来、2人バイオリンのために作った台です)

左手をうんと伸ばして、台で支えた。
動かない手にバイオリンの首を握らせて。
左肩と左肘にクッションをあてがう。

固定しているわけじゃないから、こんな体勢、1分で崩れてしまう。
でも1分だけなら、母は一人でバイオリンを持つことができた。

1分間だけ。
母は得意そうな顔で弓を弾いた。
弦を押さえられないから、出せるのは、G,D,A,E、たった4つの音だけだ。
でも・・・。

すっっっっっごい綺麗な音が出た!

 「うおおお!」
思わず叫んだ。
 「おかーさん、かっこいー!」

2人バイオリンではけして出せない、このバイオリンがもつ本来の音色だった。
古い楽器特有の渋みがあり、なのに艶やかで美しい。
こういう音は私には出せない。
ちゃんと弾ける人が弾かないと出ないのだ。

それにその音からは、バイオリンが喜んでいるのが伝わってくるようだった。
200才の(←嘘でした)おじいちゃんバイオリンが
 「ほっほっほう!」
とサンタクロースみたいに笑っているような気がした。
母ももちろん、にっこにっこ笑っていた。
いずれ左手をちゃんと固定して、母が一人でバイオリンを弾ける装置をつくりたいと思ってしまった…。

筋金入りの不器用者のくせに、また新たな工作を考えている私に、激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


本日の猫写真。
ものすごい音がすると思ったら、シシィが紙袋に引っかかって、出られなくなっていた。

「だしてー!」

だしてー

持ち手がお腹に絡まって、はずれなかったらしい。
サンジがめっちゃ心配してました。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

ロコ says..."200歳のバイオリン"
だださんが謙虚で明らかにしてくださらないだけで、製作者の名が
わかっているバイオリンではないですか?
バイオリンに生きてこられたお母さまが奏でる4弦の音、拝聴でき
たらなあ。

筋金入りに前向きなお母さまと、筋金入りに不器用(笑)でも、
新しいバイオリン台の作成をすぐに思いつかれる娘さん、
世にかけがえのないコンビですね。
何やらめったに出ない液体が、私の目から出たがっています。

サンちゃ~ん、おひさ。
お子守たいへんだね、きみは相変わらずやさしいね。
この姫君は、これからもいろいろとやらかして
くれると思うよ(笑)

2016.09.07 10:45 | URL | #sFtYLX32 [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.09.07 15:43 | | # [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">ロコさん"
ごめんなさい!
「200才」というのは、母のウソ(もしくは妄想)でした!
1800年代に作られたバイオリンが以前うちにあったので、私も騙されてしまいました(笑)。
そのバイオリンは重くて古色蒼然とした音色だったと記憶しています。
今のバイオリンもそこそこ古いものだと聞いていますが、数十年というところでしょう。
作者はイタリア人のなんとかさん(忘れた)。

サンジも小さい頃はやんちゃでしたが、すっかり大人ぶってお兄さんしてますねー。
2016.09.07 20:12 | URL | #- [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">秘密のコメントさん"
褒めて頂いてありがとうございます!
母が喜びます。

自助具を作る団体ですか。
考えてもみませんでした~!
調べてみたら近所にはないのですが大阪まで行けばありそうでした。
自分では無理そうだったら考えてみようと思います。
アドバイスありがとうございます!
2016.09.07 20:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する