在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

オーストリア航空が日本の空からいなくなる

オーストリア航空が日本の空から撤退した。
普段なら「あっそう」で済んじゃうニュース。
生活には何の関わりもない。

けれど私たちにとって、オーストリア航空はとても思い出深い航空会社だ。
ウィーンまで連れてってくれた飛行機だから。

IMG_20160623_141356.jpg

地獄のように大変だったエコノミー席も、一生懸命支えてくれたスッチーも、私のことをほめてくれた渋い銀髪のスチュワードさんも。
アップグレードしたビジネスクラスの快適さも。
ぜんぶオーストリア航空の飛行機の中にある。
私たちが初めてみたウィーンは、この飛行機の窓を通して見たのだった。
そのOS52便が成田の空からいなくなった。
それがなんだか、とっても寂しい。

OS51

そういえばエコノミーの苦しさを紛らわすために『スートピア』をかけたんだけど、半分しか見られなかったっけ。
こんどレンタルしてこよう。
母と一緒に、こんどこそ最後まで見よう。

だんだんウィーンが遠くなる。
だんだん思い出が遠くなる。

ま、それはそれでいいんだけど。
次はどんな思い出をつくるかってほうが大事だから。

腰痛でびくびくしながら動いてる私に、励ましの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

ついでに私の本『在宅介護しながらウィーンへ行く方法』もお願いします!



レビュー書いてくれた方、ありがとう!
本を買っていただいたお金は、ビジネスにアップグレードした際にできた借金の返済にあてます。
思い出は遠くなっても、支払いは残ってるもんで…。

本日の猫写真。
母の枕を占領するサンジ。
「ここで寝る」って決めたら、どうやっても動かない。

さんじい

この後、母に踏みつぶされてました(ちょっとだけ)。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

しろうさ says..."猫 最高~~!"
サンジもシシィも かわいいったら!!
いるだけで かわいいだなんて、ちょっと悔しいよね、猫って♪

だださん 腰痛はいかがですか?
ベルトしてます~?
私は 腰痛ベルトと、膝サポーターも必要になりました。
だんだん 星ひゅうまか、ガンダムのようです。
古くて ごめんなさい!
レビューも書いてきましたよ~~!
2016.09.05 09:06 | URL | #eqP7eH0Y [edit]
ロコ says..."うわ、知らなかった"
寂しい話ですね。今後「はドイツ経由か、香港ないし
上海で乗り継ぎでしょうか。

>だんだんウィーンが遠くなる。
>だんだん思い出が遠くなる。
思い出について、ちょっと知ったかぶりをさせてください。
ビリー・ジョエルの歌に、伴走は彼のピアノだけ、
2分足らずで終わる静かで美しい(と私は思っている)
小品があります。
 Souvenir
A picture postcard
A folded stuff
A program of the play
File away your photographs
Of your holiday
And your mementos
Will turn to dust
But that's the price you pay
For every year's a souvenir
That slowly fades away
Every year's a souvenir
That slowly fades away

思い出は薄れていってしまう
だけど、それは
(何かを味えばやって来る))対価
で、ビリーは、1年1年どの年もsouvenir
だと言っています。
うら悲しくなるような詩ですが、反面、物は
くたびれて塵になろうとも、脳裡に残る
思い出への愛おしさは深まるよう
に思います。

>次はどんな思い出をつくるかってほうが大事だから。
はい、その意気でお願いします!
2016.09.05 11:07 | URL | #7Ne/i5ak [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...".>しろうささん"
ねえ、猫って、子供のときも年老いていても、太っていても痩せていても、ずーっと死ぬまで
「かわいい」
って言ってもらえるんですよね!
ほんとずるい!(笑)

腰痛ベルト、つけてますよー。
メッシュのやつですけど汗疹になってしまいました。
>だんだん 星ひゅうまか、ガンダムのようです。
鍛えて大リーグボール投げてください(笑)
どうせなら、介護用のアシストスーツが普通に使えるようになったらありがたいですね。
2016.09.05 19:44 | URL | #- [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">ロコさん"
そうですね、ヨーロッパに行くにはフィンランドエアという手もありますか。
どちらにしても直行便がなくなるのは不便なことです。

ビリー・ジョエルの「Souvenir」、聴いてみました。
しんみりと染みる素敵な曲ですね。
思い出はだんだんと遠くなる宿命。
それは幸せの対価ってことなんでしょうか。

私は本を書いているあいだは惜しむ余裕もありましたが、母はぜんぜん過去を振り返らない性格なので
「さあ終わった、次、次!」
てな感じです…。
情緒もなにもない…。
2016.09.05 20:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する