在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

最後の練習

母と私は、明日、コンサートに参加する。
「2人バイオリン」で演奏をする。

今日は最後の練習だった。
舞台上での練習だ。
私たちは、ファーストバイオリンの端っこ、ビオラの後ろに場所を作ってもらった。
母はちゃんと弾いていた。
弓のアップダウンは間違うし、ときどきテンポがズレちゃったけど、それでも目立つほどではなかった。
ちょっと前まで楽譜も読めなかったことを考えるとすごいと思う。

母はこの先も2人バイオリンを続けるかどうかはわからない。
明日が最後になるかもしれないし、ならないかもしれない。
おだてられたらきっと調子にのるだろうけど、音楽は、誰かのために弾くよりも、まず自分自身が音を楽しむものだから。
母が心から楽しめないのなら、それは仕方がない。
だから。
最後かもしれないから。
たった一曲、たった5分の曲だけど。
大切に弾こうと思う。

本当は開演前にもリハーサルがあるのだけれど、母は体力がないので、明日は本番の一発勝負に挑みます。
応援の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

一番心配なのはセッティングです。
席についてからバイオリンを構えるのにかなりの時間がかかってしまう…。
うまくいきますように!

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

ねこママ says...""
本番、上手くいきますように!
私がドキドキしてどうするんですかね💦
最後のコンサートにならないように…🎵
2016.08.27 21:38 | URL | #9MM/.TM2 [edit]
mikomona says..."いよいよ明日ですね。"
だださん、こんばんは。

明日のコンサート、大変でしょうが思い切り楽しんできてくださいね!

ところで『ミュージック・オブ・ハート』という映画、ご存じですか?
実在の話を元に、メリル・ストリープが主演した映画です。

ニューヨークのハーレム地区の小学校に臨時講師として赴任した女性が、
バイオリンの授業を通じて子どもたちに音楽の素晴らしさ、生きる喜びを伝えていきます。
クライマックスはカーネギー・ホールで子どもたちがチャリティーコンサートを演るんですが、
そこで主人公が緊張した面持ちの子どもたちに
「(音楽は)ハートで弾くのよ」という(かな~りうろ終えですが)セリフを
思い出しました。

たとえテクニックは追いつかなくても、最後の演奏になっても、
お母様の音楽を愛する心と、その心を何より大切に思っているだださんの共演ですもの、
きっと素晴らしい演奏になると信じています。
2016.08.27 21:42 | URL | #Ctw2G0tM [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">ねこママさん"
本番、うまくいきましたー!
一緒にドキドキしていただいてありがとうございます!
今日は
「練習がめんどいからこれで最後」
とか言うてました。
めんどいって…。

2016.08.28 23:32 | URL | #- [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">mikomanaさん"
こんばんは!
コンサート、すっごい楽しかったです!
『ミュージック・オブ・ハート』、素敵な映画のようですね。
レンタルかストリーミングでないか探してみようと思います。
「ハートで弾く」。
母はこれなら負けないと思います。私はダメかもですが(笑)。
本番に強い母はありえないほど頑張って、そして力尽きて寝込んでいます(笑)。
私たちは自分たちのために弾きましたが、母の熱苦しいハートが子供たちに届けば良いなと思います。
2016.08.28 23:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する