在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
6

介護しながらウィーン旅行14:ウィーン最後の夕日を眺める

近頃おざなりになっていたウィーン旅行記を進めていきたいと思います。

6月28日。
私たちはウィーンで最後の夜を迎えた。

実は、私たちは今回ほとんどウィーンで料理を食べていない。
そんな暇がなかった。
体力もなかった。
そして、ケーキとお菓子を食べるのに必死だった。

朝食はホテルのビュッフェでとり、観光に出て、ランチがわりにケーキやお菓子を食べて。
そうしたらもう疲れてしまって食べに出ることができない。
だからサンドイッチをテイクアウトして済ませることが多かった。
あと、ケバブとかピザとかまたケーキとか。
もったいないけど余力がなかった…。

料理を食べたのは、1日目のシュニッツェルと、この最後の夕食だけ。
しかもこれも軽食だ。

でかいソーセージと、ポテトと、すっぱいキャベツ。

ソーセージ


チーズをかけたじゃがいも。

じゃがいも


本当はビールも飲んでみたかったけど、介助に差し支えるからやめておいた。

夕食後。
ウィーン最後の落日を、部屋の窓から見送った。

夕空

夕日を見送る


夏バテで子猫バテの私に激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

本日の猫写真。
お昼寝シシィさん。
この子もしかして、ほほ笑みながら寝てない?

ほほ笑みながら

夢の中でも暴れてるんだろうなー。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.29 22:32 | | # [edit]
スカイ says...""
シシィちゃん、本当に笑ってますね😻
ウィーン最終日の落日と車椅子のお母様の写真、感動しました。介護をうける生活であつても、人生を精一杯頑張って楽しむのが、(もちろん、介護者も共に)これからのスタイルですね。私も実の親の時は、(義親の介護は終わってしまったので)貴女のように、広い視野を持って望みたい、と思いました。
余談ですが、縄文の遺跡を調べていたとき、ある成人女性の足の骨が細すぎて、どうも、生まれつき歩けなかったみたいでした。でも、とても大切に埋葬されていて、大事に抱えて育ったのが窺えるのです。古代の福祉を研究している方もいますし、また、調べてみます。
2016.07.30 11:47 | URL | #- [edit]
ロコ says..."ダンケ!"
朝日より夕日の方が好きな私には、こたえられない画像です。
シルエットのお母さまにとって、この一枚は宝物のひとつに
なるかも知れないと思ってしまいました。

シシイ姫は、ほんまに笑みを湛えているように見えます。
この姫さま、とても表情が豊かですよね。
だだママとサンジ兄ちゃんは滅法やさしいし、毎日々々
暴れ放題、ワラワは実に満足じゃ、と言っているようにも
見えます(笑)

おっそろしいお転婆に息切れ気味の大事な大事なサンちゃ~ん、
疲れたら、このワル、もとい、姫は放っておいて、自分の
ペースで休んでね。

2016.07.30 11:57 | URL | #sFtYLX32 [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">秘密のコメントさん"
すみれの砂糖菓子、悩んだんですが結局、買いませんでした。
店まで行ったんですがどうみても美味しそうに思えなくて(笑)

そういえばインターコンチネンタルのそばも歩きました。
公園のちょうど反対側でシュトラウス像の近くですね。
当初はインターコンチに泊まる予定だったので
「ここかー」
と妙な感慨をもって見上げました。
評判の良いホテルですね。
朝食もきっと素晴らしかったでしょうね。
2016.07.30 20:44 | URL | #- [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">スカイさん"
縄文のお話おもしろいです!
昔は、ひとと違う体をもつ人は「特別な力を宿している」とする考え方があったようですね。
七福神も障害者だといわれていますし。
それがそんなふうに実際の遺跡から出てくると、嬉しいような、少し幸せな気持ちになりますね。
介護は本人の状態や環境に大きく左右されるものですが、介護するほうにとってもされるほうにとっても、少しでも幸せな時間であってほしいと思います。

2016.07.30 21:05 | URL | #- [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">ロコさん"
「シルエットだと、シミもシワも見えないから素敵」
と母が申しております(笑)。
旅行へ行くと観光とか食事とかビッグイベントばかりに目をむけがちですが、私たちの場合は部屋で静かにすごす時間が旅の大部分だったので、窓辺の風景はとても良い思い出になりました。

ワルのシシィ姫は寝ているときだけ天使です(笑)。
2016.07.30 21:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する