在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
6

ウィーン旅行に持っていった介護グッズなど

私たちの旅行の荷物は、特大スーツケース1つと、ボストンバッグ1つ、それから郵送しておいたダンボールひと箱でした。
大量の荷物の半分はもちろん紙オムツ…。
ですが他にもさまざまな介護グッズをもっていきました。

●クッション
座位保持のためのクッションを大小さまざまなタイプを持っていきました。
機内にも持ち込みましたが、とやかく言われることはありませんでした。
中でも一番役に立ったのが、この穴あきビーズクッション。




私が腰痛防止のために買ったものですが、さまざまな使い方ができ、役に立ちました。


●消臭ビニール袋
絶対に必要! なのがビニール袋。
使用済みのオムツを入れるのに使います。
強力な消臭効果のあるBOSなら、機内でもへっちゃらでした。すごい!
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

クリロン化成/驚異の防臭袋BOS おむつ処理袋 Lサイズ 90枚
価格:1403円(税込、送料別) (2016/8/8時点)





●空気ポンプ
いざという時のためのポンプです。
いざという時って、けっこう来るもんです。


これは車椅子用(外国のエアポンプはタイプが違うので使えない場合があるそうです)。


こっちは、エアクッション用のポンプです。
エアクッション(ロホ)は飛行機に持ち込んでも問題ありませんでした。


●ペティナイフ
部屋に持ち帰って食べることが多かったので、ナイフは必需品でした。


このナイフは切れ味もよく、ハンバーガーからスイカまで何でもすいすい切れました。


●皿と箸
これも部屋食用。
スプーンやフォークも持っていけばよかった…。


●防水シーツ
失禁対策です。
ベッドのシーツの上に敷いて使いました。
これがないと怖くて寝れない。


●ゴム手袋
排泄処理のための手袋とは別に、私は洗濯用のゴム手袋を必ず持っていきます。
手洗いってけっこうつらいんですよ…。
二人分、しかも失禁や食べこぼしで汚れますから、かなりの量の洗濯を毎晩こなす必要がありました。
コインランドリーが近くにあれば使ったかも。


●折り畳み洗面器
これはねえ…正直、いらなかった。
旅慣れた人からよくすすめられるので、初めて持っていったのですが。


洗濯桶としては使えましたが、なくても洗濯はできますし。
シャワーノズルは可動式でしたし。
あれば便利だけど、旅行にはべつに私はいらないと思う。


●動きやすい靴
これは母用ではなくて私の靴。
何事も、足元って大事です。
昔はずっとミズノのスニーカーを履いていたのですが、在宅介護を始めてからは
「すぐに脱ぎ着ができるから」
ということで買ったこのスケッチャーズが大のお気に入り!

履き心地がめちゃくちゃ良いです。


●ハンディタイプのマッサージ器
リサイクルショップで500円くらいで買ったやつ。
肩や首が凝りやすいので、機内でもホテルの部屋でもよく使いました。


●箱ティッシュ
母はティッシュ魔です。
ティッシュ依存症かもしれない。
そりゃティッシュくらい街で買えるだろうけど、一瞬でも切らしたら
 「ティッシュ!ティッシュどこ!?」
とうるさいので持っていった。


●携帯用ウォシュレット
お腹の具合によってはウォシュレットが必須なときもあるので、一応。
一度も使いませんでした。


●可愛い食事用エプロン
以前にもご紹介させていただいた、笑顔音さんのプレタ介護エプロン
介護臭のない食事用エプロンで、ブラウスみたいに見えるから、ウィーンのお洒落な店でも恥ずかしくないです。
カフェやレストランで大活躍でした!

オーバーラーと介護エプロン

こんなところかな?
そうそう、夏といっても気温差が激しいのでジャケットが必要でした。
雨が降って気温が下がった日があって、寒がりの母はユニクロのライトダウン・ポンチョを着用。
さすがに浮いてました。

母はどんなに暑い日でも、店やスーパーへ入るたびに
「クーラーが寒い!」
と文句をいうので長袖は一年中持ち歩いています。
寒がりの母に激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


本日の猫写真。
ブログ更新が遅い日は、こういう状態のときです。

超じゃま

いろいろと足でキーを押してるらしくて、ちょっと画面を見たら、何かのプログラムをアンインストールしそうになってた。
怖い。
関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

クン says..."BOS"
旅に持参された介護グッズの紹介、ありがとうございました。

消臭袋のBOS、本当にすごいですよね。私は、システムトイレを使う猫が大きい方をした時に使ってますが、これをどこに持ち込んでも絶対臭わないと思えるほどです。

コストがかかるのが難点ですが、もしもっと低価格となって、高齢者施設や病院がオムツを捨てる袋として使用できたら、あの独特な臭いが消えるのにと思います。
2016.08.08 23:13 | URL | #- [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">クンさん"
BOS本当にすごいですね!
出かけるときに持っているとかなり安心感がありますよね。
私も猫のウンチ処理に小さいサイズのものを使っています。
どんどん売れて、どんどん安くなってほしいです!
2016.08.08 23:22 | URL | #- [edit]
えがおん花子 says..."いつか旅に行けるかも⁈"
ほんとにお役立ち情報ありがとうございます!
だださんのBlog読んでると、私も母達を連れていつでもどこでも行けるような気がしてきます!(((o(*゚▽゚*)o)))

そしてその中にえがおんエプロンも入れてくださって本当にありがとうです!
もっともっとお洒落なエプロン、
皆さんが思わず旅したくなるエプロン、
スタッフ一丸となって頑張ります!
( ̄^ ̄)ゞ

2016.08.09 08:05 | URL | #Q7uMVuQg [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">えがおん花子さん"
あのエプロン、旅行中はほんとに毎日つかいました!
帰国後もお出かけバッグに常備しています。
可愛いだけじゃなく、着脱しやすいし、使い勝手もよくて本当に便利です。
良いものを作ってくださってありがとうございます!
2016.08.09 20:15 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.08.09 22:55 | | # [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">秘密のコメントさん"
あのエプロン、良いでしょー!
母はことあるごとにすっごく自慢しています(笑)。

箱ティッシュは、ウィーンのドラッグストアでもやっぱり高かったです。
日本の3~4倍はしたような。
違う形態の紙ナプキンなどを使うのでしょうか…。

テープは私も必ず持っていきます。
布テープが切りやすいので好きです。重いけど。
最終日にはスーツケースが割れていて(寿命でした)、家まで郵送する際は布テープを貼って送りました。

ホテルの備品は本当に国や値段によって大きく違いますよね。
私は基本が安宿なので、私はふかふかの白いタオルが置いてあるだけで感動しました。
そして旅の必需品といっても人によって違うもので…やっぱり折り畳み洗面器は使わないですよね(笑)
シャワーが固定式で不便なときに使うのかな?
2016.08.10 15:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する