在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

ウィーンが奇跡を起こしているのかもしれない

ゲーム「ドラゴンクエスト6」が発売されたのは1995年。
20年ほど昔のことになる。
20年ぶりプレイしてみたら、若い頃には思いもよらなかったことに気がついた。

「この魔物、リハパンはいてる…!」

オムツ魔人
(紙オムツ魔人・アクバー)

この20年で魔物もトシとって紙オムツが必要になったのかもしれない。

一方、我が家のオムツ魔人・母。
こちらにも不思議な事が起こっている模様。 
普段なら7~8枚、雨の日には10枚くらい尿パットを交換しなくちゃいけないんだけど。
昨日から、なんと!
2日間でたったの2回しか、お粗相していないのです!
ちゃんと我慢できているのです!
一体、何が起こった!?
 「知らん!」

暑くて汗をかいて尿量が減っているせいかもしれない。
お腹をすこし下しているせいかもしれない。
でも、それにしても。
ほとんど奇跡のような状態なのです。

もしかしたら、母は自分で奇跡を起こしているのかもしれない。
ウィーンまであと10日ちょっとだから。

ここ1、2か月で母の記憶力や理解力はメキメキと良くなっている。
たとえばテレビでサスペンスを見ている母に
 「殺人事件?」
と訊いたら、今までは
 「さあねえ」
 「まだ誰も死んでないよ」
とトンチンカンな答えしか返ってこなかったのに、先週なんて
 「●●って人が殺されてね、家族がこういう関係でどうのこうの」
と詳しく話してくれたのだ。
犯人予想までしていた。
びっくりした。

もちろん、おとぼけはいっぱいあるし、良くなったといっても私にしか判らない程度かもしれない。
それでも、変化が起きているのはたしかだ。
目前に迫ったウィーンが奇跡を起こしている。

母と口喧嘩になると言い負かされることが多くなってきた私に激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

ウィーンにはもちろん、たくさん紙オムツ持っていくけど
 「ぜんぜん使わなかった!」
と無駄になってくれたらいいなと思う。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

東風 says..."ウィーンへの道がきらきらして見えます"
しかも、絵空事ではなくて
泥という栄養の上にすっと咲く睡蓮のようです。

いつかの秋、芝生の真ん中のコンクリートの道に落ちた
落ち葉が踏み固められて日に光って
金色の道だーと季節のお気に入りの道だった風景も思い出しました。

たくさんの人がどきどきしながら読んでいるんでしょうね。
大劇場の開幕前のざわざわみたいに。

だださん、そしてお母さま、叔母さまも
どうぞお風邪などひかれませんように!
きっと大丈夫ですね。

・・・あんまり興奮しないように
祝祭アンダンテ聞きにyoutubeに行ってきます。
2016.06.13 23:22 | URL | #- [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">東風さん"
美しい言葉で表現していただいてありがとうございます!
シンプルにいうと遠足前の小学生の心理状態で、おやつの入れ忘れがないかチェック中です(笑)。
祝祭アンダンテ、子供たちが練習をしているのを聞いただけでもきれいな曲でした。
心の落ち着く曲なので、ヒートアップしすぎたときに鎮めるために聴こうと思います。
2016.06.14 17:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する