在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

器用なオヤジと母の黒歴史

もうじきオヤジの誕生日だ。
父の日も近い。
何がほしい?
と尋ねたら、
 「カミソリの…替え刃…」
ものすっごい日用品をせがまれた。

なにか他に欲しいものないの?
 「あの、ズボンの…裾…ほつれてるんで…なおしてほしいかも」
いやそれプレゼントちゃうやん。
誕生日じゃなくてもするよ、それくらい!

・・・それくらい。
で。
昨日から繕い物をしているわけなのですが。
世界一ぶきっちょな私ですよ。
針と糸を持ったら、さあ大変。

玉止めがね!
玉止めができないの!
10回に1回しかできない!
自分の指をぶっさしてしまう!
ウキー!
痛いー!
血が出たー!

「お、おれ、やるわ…」

結局、オヤジが自分でやった(オヤジは私より器用)。

こんどからアイロンテープを常備しておこう。
そしてオヤジに何か買ってこよう…。

やればできる子なオヤジに激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

物置からスーツケースを引っ張り出そうとしたら、ついでに古いダンボールが出てきました。
中には母の日記帳が入っていました。
50年前の日記です。
母の中高校時代の日記です。
 「読んでいいよ」
と本人がいうので開けたら…はっきりいって黒歴史の塊でした。
だいぶイタイ子でした。
自分の日記はなるべく早く捨てようと心に決めました…。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ロコ says..."剃刀の替え刃にホツレ直しを"
誕生日にご所望のお父さま、チャーミングです、とても。

玉止め、前にもお書きになりましたよね。
ぶきっちょ嬢さんに器用なパパ上、よくしたもので家庭内
のバランス無問題ではないですか。

だださんがぶきっちょ世界一かどうかはにわかに断じ難い
ですが、世界最高峰グループに属することは間違いない
かも?(笑)

日記の著者様は、黒歴史とはちっとも思っていらっしゃ
らないようですね。
「読んでいいよ」、ですもん。
私もそろそろ、こっ恥ずかしいものの処分に取りかから
なくては。

えっと、昨日のご返答ですが、すごい勢いの全面否定に
タジタジ(笑)
サンちゃん、きみは着々とカーペットを破壊してるん
だね!





2016.06.05 16:57 | URL | #sFtYLX32 [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">ロコさん"
柱も畳もカーペットも、歴代の猫たちのおかげでバリッバリですよ!
まあそんなこと誰一人気にしてないんですけどね。

うちのオヤジは見かけによらず手先が器用で、包丁を持たせたらキャベツの千切りとか綺麗に作れるんです。
でもやってくれないだけで…(笑)
母もそんなにぶきっちょではないので、私は一体誰に似たのでしょうか…。
2016.06.05 21:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する