在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

「高いところが怖い」という母をあべのハルカスへ連れていった

高所恐怖症というほどではないけれど、母は昔から高いところが苦手だ。
飛行機の窓からの景色とか、高い塔からの眺めとか、
 「怖いからキライ!」
という。

なのに…
 「あべのハルカスに行きたい」
と言い出した。
実は、一昨年に開業した時からずーっと言ってる。

あべのハルカスは地上60階の高層ビルだ。
めっちゃ高いビルだ。
 「高いところは怖いからキライ」
といいながら、なぜそんなビルに昇りたいの?
と聞いたら
 「だって話題のスポットなのに私まだ行ってないんだもん!」
単なるミーハーだった。

まあ、行きたいのなら、行くか。

我が家から阿倍野まで、JRを乗り換えながら1時間半ほど。
車椅子ってめんどうくさい。
電車ってめんどうくさい。
都会ってめんどうくさい!
ぶつぶつ呟きながらたどり着いた、地上300メートルの景色。

あべのハルカス1

 「わあ~キレイね~、気持ちがいいね~」
と、口ではいいながら、母は若干、引いていた。
やっぱりちょっと怖いみたい。
だから、なんで来たかったの!?

展望台フロアをぐるっと一周もしないうちに
 「ねえもう行こうよ」
って…入場料がもったいないよ…高いのに…。

せっかくなので、恐ろしい絶景を見ながらお茶をしてきた。

あべのハルカス2
先日ご紹介したプレタ介護エプロンを着用。珊瑚色。)

カフェでは、車椅子ではなく、お店の椅子に移乗してコーヒーを飲んだ。
そのほうが雰囲気がでるし。
ずっと車椅子だとお尻が疲れるっていうから。
不安定になるので左側にクッションを2枚も挟んでいます。
ウィーンでも、クッションてんこ盛りで街歩きすることになるんだろうな。

そのあと、下のビルでウィンドウショッピングを楽しみ。
迷子になり。
迷子になり。
迷子になりまくり…。
どっぷり疲れ果てて帰宅。
母は6時間びっちり座っていたのでヘトヘトのはずだけど、

 「楽しかったー!」

と大満足の様子。
何がよかったの?

 「やっぱり綺麗な景やね!
 ずっと行きたかったとこ、やっと行けたし!
 話題のスポットなんだから、行かないわけにはいかないでしょ!」

怖かったくせに。
怖いより疲れたより、お尻が痛いより、何よりも好奇心が絶対的に勝っているのだろう。
人生を楽しむ好奇心。
それが母の強さなのだと思った。

元気だった頃の母は、あまりにもパワフルなので「スーパーマン」と呼ばれていました。
車椅子になった今でもスーパーマンな母に激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

本日の猫写真。
何か狙ってるサンジ。

ねらう

サンジは近頃、毎朝4時に必ず誰かを起こしに行く習慣がついてしまいました。
早起きにもほどがある…。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する