在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

排泄の確認が難しい

母は尿意があいまいだ。
麻痺のせいなのだろう。
粗相しても気づけないし、逆に、ぜんぜんしてなくても
 「いっぱい出た」
と言い張る。
これがいつもケンカの種だ。
 「もう出た」
 「まだ出てない」
でよくモメる。

出たかどうか確認できないこともある。
たまに流されちゃったりするし。
母は自信満々に
 「出た!」
といってるけど…あれ?
これは、出たのかな?
出てないのかな?

今日なんか昼すぎまで一度も確認ができなかった。
朝のおしっこが出たかどうかがぜんぜん分からなかったのだ。
昨日の夜からだから…えっ、半日くらい出てなくない?
ちょっとお母さん大丈夫?

ちょうど通院日だったので医師に相談したら、カラカラと笑われた。
 「普段どおり水分をとれていたら大丈夫だよ、浮腫もないし」
そ、そうなの?
 「ふつうの人でも12時間くらい寝だめしちゃうことよくあるでしょ」
そういえばそうかなー。
長距離バスに乗ってたら、18時間一度もトイレに行かない人とかいるもんな。

先生には笑われたけど、排尿がないことに気づけなくて放置してるうちに体に毒とかまわったらどうしようと思う。
これが大きい方だったらまた大変だ。
中途半端にトイレを使えるようになると、排泄の確認がちょっと悩ましいです。
(私は鼻が悪いので臭いでは判別できません)

ちなみに母は15時間でちゃんと出ました。ほっとしました。
ほんとはこんなことでモメたくないんだけどなーと思ってしまう私に激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

本日の猫写真。
猫釣り。

猫つり

にゃんこの排泄は確認しやすいです。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

pierre小姐 says..."はい、うちもそんな感じです。(笑)"
だださんこんにちは~!

家では、水を流すレバーに手が届かないので勝手に流されないのですが、
病院では父がすぐボタンを押してしまって、「あ~あ~・・・」って何度もありました。
家の電球が退院直後、白熱電球っていうんですか、暖色オレンジ色でしかも暗くて、尿の色や、にごりがあったのが全然わからなかったので、すぐ蛍光色の明るい電球に替えました。最近は薬も飲んでるし、ちょっとはコントロールできるようです。ダメな日もありますが。体調や記憶力って、日によって抜群に良かったりメチャメチャだったり変わりますねえ。三歩進んで二・五歩下がるって感じで、それでも徐々に良くなってる気がしてうれしいのですが。

2016.05.12 16:20 | URL | #D4OBWvog [edit]
だだ(たかはたゆきこ) says...">pierre小姐 さん"
あるあるなんでしょうねー。
妹にもずっと騙されっぱなしです(笑)
昔ながらの電球や暖色の電球は、温かみはあるんですが顔色とかもわかりにくいですよね。
うちもそのせいで母の部屋の灯りをLEDに替えたのですが、ものすごく明るくて、今度は和室の暖色ライトが暗く感じられて仕方がありません。
2016.05.12 22:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する