在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
6

本を捨てる

昨日、本との出会いは宝だと書いたばかりだけれど。
今日は「本を捨てる」話をしよう。

母の部屋の真上は亡き祖父の「本部屋」だった。
壁をうめつくす巨大な本棚にぎっしりの本。
リフォームの際にかなり処分したのだけど…まだまだ残っている。
家の老朽化や地震を考えたとき
 「2階の天井が抜けたらどうしよう」
と思ってしまった。

それで大量の本を処分することにした。
状態の良いものはとっくに売ってしまい、残っているのは傷んだ本や価値のないムック本や図鑑ばかり。
束ねてビニールひもで括っていく。
2時間くらいがんばって山のような本を括ったけど、本棚をみるとぜんぜん減った気がしない。

なんだか虚しくなってしまった。
祖父はいったい何百冊…いや何千冊、本を集めていたのだろう?
私には何かを集めて楽しむ趣味はないから、その気持ちがわからない。
祖父自身はたくさんの本に囲まれて幸せだったのだろうけれど、死後10年経ってもまだ後片付けが終わらない家族のことは、ちっとも想像していなかったんだろうなあ。

このことがあるから、私はめったに本を買わないようにしている。
本だけじゃない。
消耗品や食料品以外はなんにも買う気が起こらない。
…モノはすべていつかは灰になる。
そんなことを考える。
まあ、貧乏人の負け惜しみってことで。
今日は疲れた。

疲労の一因は、ウィーン旅行の請求書ができてきたせいかも…。
激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

ロコ says..."最後の一文にずっこけました"
来たんですね、請求書。
さあ、佳境に入ってまいりましたよ(笑)

偶然の一致で、私メもちょうど昨日、地震でドサドサ
落ちたあと雑に積みあげたままだった本の整理処分
に取りかかったところです。
埃だらけです(笑)
買っちゃう方でしたので、これで何度めになるやら。
ああ、でも、近年はもっぱら図書館利用です。

お勧めはと仰られて、では!と思ったら、ミステリ愛好家
宣言されてしまいました。
ハヤカワのミステリマガジン、読んでいらっしゃいますか。

このところの私は、友人が面白いよ~と言った時代物に
惹かれてきました。
しかし、大好きだったシリーズ物の幕を引く前に、作者の
宇江佐真理さんが66歳で亡くなられてしまって、
ご逝去そのものと併せて残念でなりません。

宮部みゆきさんの時代物も大好きです。あの方はミステリ、
SF、青少年物、ユーモア物と何でもござれですね。
小説家になるべくして生まれた人物、だと思っています。
2016.04.12 22:50 | URL | #QSQSW7Vo [edit]
しょう says..."本のゆくえ"
いらなくなった本を引き取って、買取金額を寄付するしくみを持ったNGO団体がいろいろありますよー。
ダンボールに入れれば、送料無料で集荷もしてくれます。
手続きはネットでOKのところも。
捨てるつもりのものが、ほんの少しでも誰かのために役立てば嬉しいですよね!
本はくくるのも運ぶのも大変ですし、私もよく利用しています。
「古本 NGO」などで検索するといろいろ出てくると思います。
寄付先、支援団体など様々ですので、見てみてください^ ^
2016.04.12 23:35 | URL | #LMs.iqQA [edit]
mikomona says...""
こんばんは。
私の実家にも、亡き父が若いころ買った『世界文学全集』がで~んと並んでいて
本当にただのゴミになってました(旧字体なので読めなかった)
でも父にとっては貧乏生活の中、懸命に働き、コツコツお金をためて買った宝物だったそうで
だから母も何十年も捨てずに取っておいたんでしょうね。

結局それは娘の私が実家の建物ごと、お金を払って処分するはめになったのですけど…。
あ、一冊だけ、『ファウスト』は高校3年生の夏休みに頑張って読みましたよ。
すごく難しかったです(内容よりも旧字体を読むのが…)

本を買い集め、捨てられない心理、何となく理解できる気がします。
※そんな私も最近は電子書籍ばかりです。

そうそう、小説ではないんですが、最近読んだなかで面白かったのは
河合隼雄の『猫だましい』という本で
歴史の中で猫が人間の心理上どんなふうに捉えられてきたかを紹介しながら
なぜ人間がこれほど深く猫を愛するか、また恐れるのかを
心理学の難しい言葉を使わず、非常に丁寧に楽しく説いています。


TENA、お母様気に入ってくださったんですね。良かった。
たしかに高いですが、TENAの良さは長時間交換できない時に分かります。
機内や観光中など、すぐにトイレへ行けないような時
(飛行機のエコノミーのトイレってなかなか空かないですよね!)
ピンポイントで使うことをおすすめします。

ちなみに、おむつかぶれしそうな時はあらかじめお尻にワセリン塗っとくと良いですよ。
水分をはじき、摩擦を緩和して皮膚を守ります。
万一、現地で下痢が続くような時には必ず役に立つと思います。
薬局で小さな瓶なら150円程度で買えます。

どうぞ楽しいご旅行になりますように!
2016.04.13 00:32 | URL | #Ctw2G0tM [edit]
だだ says...">ロコさん"
本ってホコリ溜まるんですよねー!
本の整理するときは喘息要注意なんです。
図書館のが気楽で良いです…。

ミステリは好きですけど、愛好家なんておこがましい(笑)
先が読めない物語が好きなんです。
時代ものも良いですよね!
若い頃山本周五郎とかにはまってました。
宮部みゆきさんのは「初ものがたり」に出てくる食べ物がすべてがおいしそうで忘れられません。
2016.04.13 14:21 | URL | #- [edit]
だだ says...">しょうさん"
おお、良いことを教えて頂きありがとうございます!
こういうのがあることを全然知りませんでした。
でも送った本が売れたら寄付になるんでしょうけれど、ほぼゴミみたいなのは送ったら迷惑なりますかね(笑)
もっといろいろ調べてみようと思います。
2016.04.13 14:32 | URL | #- [edit]
だだ says...">mikomanaさん"
文学全集、うちにもありました~しかも新旧3種類。
捨てるの大変でした。
それにしても、旧字体で読んだなんてすごい高校生ですね!
私は新字体でもけっこうしんどかったです(笑)
河合隼雄の『猫だましい』おもしろそうですね。
図書館で探してみます!

それからTENA。
教えてくださって本当にありがとうございます。
本当にもれないですね。
専用のパットはイザというときに使おうと思います。
向こうでも買えるはずですし心強いです。
ワセリン、そういえば持っています。
褥瘡予防にと思っていましたが、かぶれ防止にもなるのですね。
機内が乾燥するのでトイレでぬろうと思います。
いろいろ教えて頂きありがとうございます!
2016.04.13 15:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する