在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

悲劇のヒロインになっちゃダメ

サスペンスドラマを見ていたら。
被害者の人生が語られる場面があった。

『30代から母親の介護におわれ、恋愛も結婚もなく、友達もおらず、介護が終わってみれば全てを失っていた』


 「悲惨ねえ」
シーンと静まりかえる主人公たち。
母親が亡くなったとき彼女は半狂乱になったそうだ。
生きている意味を失くしてしまったと。

おいおいおいおいおい、ちょっと待て。

一瞬ものすごく身につまされちゃったけど、よく考えてみれば、それはどうなんだろうと思うフシがある。
恋愛やら結婚やらはよくわからんが。
友達がいないのは介護に関係なくない?

介護始めちゃったら、そりゃ遊びにいけないし、若ければ若いほど友達と話が合わなくなるけれど。
私はいまのところ介護が原因で友達をなくしたことはない。
むしろ、いつも助けてもらっている。
泣きごとを聞いてもらっているし。
たまにはランチにも行く。
今の私には仕事もお金もないけれど。
友達だけはかわりなく。
むしろ昔以上に、友達は、大切なものだと思い知らされる。
介護って一人では絶対にできないからだ。
・・・みなさん、いつまでも仲良くしてくださいませ。

それに介護者は介護だけに生きてはいけないと思う。
いくら親子でも。
親子だから。
人生を捧げてしまってはいけない。
お母さんのために生きる!
なんて麗しく思えるのかもしれないけれど、それはただの依存だ。
少なくともうちの母はそんなこと絶対に喜ばないだろう。
自分の人生を生きなさいと叱るだろう。

介護が終わったとき。
ドラマに出てきた彼女は、すべてを失くしたのではない。
共依存という鎖から解放されたはずなのだ。


本日の猫写真。
私がブログを書いているとき、サンジは伸びあがって私の袖をひっぱり、何度もせがんできます。

ごはんにゃ

ごはんはさっきあげたでしょ!

猫に依存してるかも(チョコレートにも)しれない私に激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

ちなみに昨夜、妹は4時間つづけて眠ってくれました!やったー!
関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ロコ says..."なるほど、共依存ね"
「それ」しか見えなくなってしまうんでしょうね、きっと。
だださんのブログを読んでいると、内部に引き出しをたくさん持っていて、
外部に向ける目に蓋をしないで自分を保つことができれば、
カラッポになってしまうことはないんじゃないかと思います。

サンジくんさ、アジャリさんがいなくなってから、表情がどことなくきりっと
したように見えるんですが、今度はボクがしっかりしないと
と気を引き締めているのかしら。
甘えんぼぶりは、相変わらずでも 笑
2016.02.20 18:38 | URL | #sFtYLX32 [edit]
だだ says...">ロコさん"
きっと介護が大変で、友達と話す余裕もないくらい大変すぎて、そこから逃げることなく一生懸命やってるうちにそうなってしまうんでしょうね。
できればたまには介護から逃げて、自分の時間をもつことも大切なのだと思います。
私も仕事で燃え尽き症候群になったことがあるので気をつけなければと思います。

サンジ、顔がきりっとしましたか?(笑)
一匹だけになったぶん、関わりが密になったというか、ゆっくり話をするようになったため、写真にもそれが反映されているのかもしれません。
甘えん坊ぶりはさらにパワーアップしていますよ!
2016.02.20 22:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する