在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

「魔法のぐっすり絵本 おやすみロジャー」が高齢者に効くのか実験してみた

テレビで話題になってた寝かしつけの本を買った。

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

『寝つきの悪い子供でもこれを読み聞かせると10分で寝る!』という驚異の本だ。というのもこれは絵本という形をとっているだけで、実は催眠術らしいのだ。なんか効きそう!

不眠症の妹のために買ったのだけど、まずは寝つきの悪い母にも試してみよう。大人でも眠れる、やばいくらい寝る、て書いてあるからな!
 「読んで読んで!」
母、わくわくしてる…。

とりあえず絵が可愛くないけど、外国の絵本だから、まあしょうがない。



この本は子供を催眠にかけるため、ところどころに読み聞かせる相手の【名前】を入れて読むことになっている。うちの母なら【ひろみちゃん】である。つまり、こんな感じ。

 『うさぎのロジャーは、年上でもなく年下でもなく、【ひろみちゃん】とまったく同い年です』


うわー。
ロジャー、68才!
おっさんやロジャー!

まず爆笑から始まってしまった。子供に読むなら4才とか5才とかで可愛らしい子どものウサギの話になるのだろうけれど。

眠らせるのが目的だからストーリーというほどのものはなく、内容はただただ
 「あなたはどんどんくたびれて、体がおもーくなって眠くなる、眠くなる、いますぐ」
みたいな眠たい文章がひたすら続いている。指定された箇所をゆっくり読んだり、あくびを入れたりする。読んでるほうが退屈で眠くなる。

「10分で寝る」と書かれていたから期待したけど、母はさすがに10分では寝なかった。
それでも15分で目を閉じた。
20分。
動きがなくなった。
30分。
いよいよ寝たか?
・・・と思いきや、
 「おもしろーい!」
突然、笑いだした。
 「かたつむり、いつまでたっても進まへんやん!」
眠るどころかツッコミを入れている。
あかんやん。

ゆっくり読むよう指定されているから時間がかかり、ぜんぶ読むのに45分もかかった。なのに、とうとう母は眠らなかった。そういえば昔から催眠術や占いや宗教にはめっぽう強くて、ぜんぜん騙されない人だったなあ(でも訪問販売には騙されてた)。

本日の猫写真は「おやすみ、サンジ」です。
おやすみサンジ
猫にも不眠症とか存在するのかな?

いつも激励の1クリックありがとうございます!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

しかたがないから母はバロック音楽で寝かしつけています…。
もうすぐ下の妹が帰ってくるので、そちらに効果を期待したいです。
関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

ゆりりん says..."面白すぎ"
面白すぎです。ロジャーが68才だなんて。だださん、よくこんなこと考えつきますね。
今日も良い一日のスタートがきれそうです。ありがとうございます。
2016.02.16 09:11 | URL | #- [edit]
だだ says...">ゆりりんさん"
楽しんで頂けれて嬉しいです。
でも、そのままなんですよ!
絵本どおりに読んでたら、68才のウサギになっちゃったのです。
次会は妹にむけて読むのでロジャーは34才設定になります。
2016.02.16 21:45 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.02.16 23:20 | | # [edit]
だだ says...">秘密のコメントさん"
お疲れ様です。
私が貴方にロジャーを読んであげたいです(笑)。
悩み事があったり、心身ともにいっぱいいっぱいだとかえって眠れなくなりますね。
本当はそういうときこそ頭の中をスッキリさせたいのですが。
介護って身体的に小さくてもできなくはないと思うのですが、それよりも体力とか持久力がいる気がします…少なくとも慣れるまでは。
お父様のこと気になります…。
2016.02.17 20:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する