在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

障害児のきょうだいって難しい

ふとしたことで、若い頃の友達を思い出した。
その子には知的障害をもつお兄さんがいる。
私には重複障害をもつ妹がいる。
彼女と私は趣味はぜんぜん違ったけど、障害児の兄弟がいるということで話があった。
愚痴が似ていた。
 「お母さんがいつも走り回ってて家にいない」
という愚痴だ。
障害児の母というものは、それはそれは忙しい。
病院とリハビリ通いに加え、我が子が生きていくための道筋を一から十まで整えてやらなくちゃいけないからだ。
自然、健常児の兄弟はわりと放ったらかしになる。
放ったらかしでも死にはしないから。

私はそれでも平気だったのだけれど、彼女は違った。
かなり拗ねてしまっていた。
そして兄を恨んでいた。
兄のせいでイジメを受けたことがあるらしかった。
それも何度も。
なのに両親はお兄ちゃんのことばかり可愛がって。
何かあるたびに
 「お兄ちゃんをみてて」
とアテにされるのも嫌だった。
 「お兄ちゃんのことは嫌いじゃないよ。優しいし。でも、あんなお兄ちゃんいなければいいのにって本気で思うよ」
腹の底から絞り出すように呟いた言葉が生々しく、私には衝撃的だった。
 「あなたなら分かってくれるよね?」
そう言われても。
分からなかった。
私は妹がずっと可愛かったし、いてくれて全然かまわないからだ。

それが最初の体験で、そのあと同じような告白を別の人から何度か聞いた。
障害は知的だったり精神だったりその両方だったりした。
彼らに共通することは、障害者をもつ人の弟・妹であることだ(偶然かもしれないが)。
彼女たちは幼い頃から「兄姉の介護から逃げ出したい」と強烈に思っているようだった。

もちろん障害者の兄弟はいろいろで、たいていは私なんかよりずっと優しく接していたし、うちよりも仲良しの兄弟だ。
介護関係の仕事に進む人もけっこういた。
だけど時々思い出す。
みんな大人になって、兄弟関係はどう変わったのだろうかと。
…あの子は今、どうしてるんだろうなあ…。


本日の猫写真。
巨大肉球をフンフンしているサンジ君。

これなあに?

肉球型のお菓子です。
食べてみたいというのでちょっとあげました。
おいしかったみたいです。

来週はまた妹を迎えに行きます。
風邪治ってるといいな…。
激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

あゆみん says...""
子供を育てるって大変なんだな…って思って、
育て方、育った環境でだださんが思うようになる子や、そうでない子になるんですね。ホント難し…

私には兄がいて随分昔に母親から兄が私ばかり?を母が可愛がってる!ようなこと言われたことがあると。ヤキモチ?嫉妬??
私からすれば兄は大事に色んな面で大目に見てもらって!と思ってたんですが。
兄妹って面倒くさいですね(笑)

この先子供を持つことなんてないと思うけど
だださんのお母さまの子育て法を聞いてみたい!(笑)
前からずっと思ってたんですよね〜
どうやってすれば、だださんのようにお母さまのように穏やかに優しくなれるのかと。

カリカリ.キンキンしてる私にとって、だださんお母さまは憧れです!

2016.02.12 18:23 | URL | #- [edit]
だだ says...">あゆみんさん"
子育てって、どんな子でもどんな家庭でも大変みたいですね。
そして兄弟というものはたいてい、面倒くさいもんですよね。
ただ障害児の兄弟の場合はそれが激しく出やすいのかなあという気がします。
母は元気な頃はずっと、育児相談や進路相談などをやっていました。
本を書いたら私なんかよりおもしろいだろうにと、よく思います。
2016.02.12 21:35 | URL | #- [edit]
ロコ says..."きょうだいの仲は"
そうですね、いろいろと難しいところがありますね。
5人もいる兄姉のなかで、私がオトナになってからも忌憚なくモノが
言い合えているのは、年齢が近い末姉と次兄だけです。
上の方は、自己中、無神経、我儘が衣を着ているような感じになって
しまいました。
老境のせいばかりにはできない面が多々あります。

だださん家には、ひがみや差別が存在しませんね。
ご両親のごお人柄もさりながら、降りかかった問題を決然と受け入れる
だださんの男前ぶりに舌を巻くばかりです。








2016.02.13 09:56 | URL | #sFtYLX32 [edit]
だだ says...">ロコさん"
きょうだいといっても別々の人間ですから。
いろいろありますよね。
そしてそのいろいろな溝は年を経ることごに大きくなっていくように思います。
というのも、生物として種を増やすため、なるべく散らばって暮らすようになる動物が多いですから、兄弟というものは少し離れて暮らすのが自然なのかもしれません。
ですから兄弟が少々うまくいかないのは自然なことなのかもしれないと私は思います。
なので今頃あの子たちはどうしているのかなと思ってしまいます。
2016.02.13 21:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する