在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

新年おめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

高齢者と障害者と乳幼児でごったがえすカオスな我が家。
年末年始はこんな感じでございました。

12月31日 施設へ妹を迎えに行く。お節をつくる
1月1日 イオンの初売りに参戦。その後、初詣
1月2日 妹を施設に帰す。アウトレットの福袋を買いにいく
     夜、私の体がストライキを起こす←今ここ

親戚が大勢集まるお家に比べると、なんてことないんですけどね。
それでも片時も気が休まることがないせいか。
ほとんど眠れないせいか。
先ほど夕食前に激しい下痢におそわれ、体が動かなくなり、気絶するように寝てしまいました。
数時間寝てお風呂に入ったらスッキリしましたが。
家事と介護はみんなで手分けして、すませてくれていました。
みんなありがとう!

私がぶっ倒れたのはただ単に買い物疲れかもしれません。
車椅子のおばあちゃん連れて初売りなんて行くもんじゃない(でも行く)。
母は大好きなローラアシュレイの福袋が買えて満足でした。
私はリンツの福袋を買いました。

2016福袋
(下の妹には関ジャニ∞の福袋を買いました)

元旦の夜におもしろいことがありました。
なかなか寝ない妹を奇跡的に寝かしつけたときです。
猫のサンジが、私の布団に入ってきました。
サンジはいつも私の足元で寝ることに決めているのですが、そのときだけは違いました。
私の腕にアゴを置いて寝たんです。
まるでアジャリのように、です。

この数年間、私の腕枕はアジャリ専用でした。
アジャリが亡くなって最初の一年が始まったその夜、サンジは何を思ったのか、かつてのアジャリそっくりに腕枕をしてきたのです。
 「僕がいるから寂しくないよ」
とでも言っているのでしょうか。
それとも、怪獣みたいな妹を相手にへとへとになっている私を見かねて
 「こうしたらいいの?」
とアジャリを真似て癒してくれたのでしょうか。
サンジの考えはわかりませんが、涙がでるほどうれしかったです。

年始早々にだらしない日記となってしまいましたが、今年も一年、よろしくお願いいたします。
クリックもお願いいたします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する