在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

施設で過ごすクリスマス・イブ

昨年も、一昨年も。
私はクリスマスイブの夜を、妹のU子と闘って過ごした。
妹は夜になると怪獣のような金切り声をあげるため、なんとか鎮めようと一睡もせずにつきあった。
あんまりにもものすごいので
 「サンタさん、ちょっと助けてくださいよ」
と深夜3時にサンタクロースに祈ったものだ。
ぼっちのクリスマスで嘆いている人が羨ましいくらいだった。

それで今年は、あきらめた。
妹とイブの夜を過ごすことをあきらめた。
 「クリスマスは家族で」
と思い、毎年24日は家で1泊させていたのだけれど、今年は泊りをやめて「日帰り」にしたのだ。
イブの夜は施設で過ごさせる。
そのかわり、25日の朝イチで施設へ迎えにいき、門限ギリギリになるまで家にいさせる。

U子は昼間も叫ぶけど、夜ほどではない。
昼には家族そろってすきやきを食べ、手作りケーキでパーティをした。
U子の大好きな友達・元ヘルパーさんが2人も遊びにきてくれた。
夕方にはプレゼント交換もした。
椿に髪の毛を結んでもらった。
U子はほどんど叫ばず、幸せそうにニコニコしていた。
私の疲れも昨年ほどではないし、日帰りにして正解だと思った。

クリスマス疲れ
(クリスマス疲れにゃんこ)

もちろんU子は
 「昨日はどうして迎えにきてくれなかったの」
と文句を言ったし、
 「お家で寝たい」
とだいぶゴネたし、
 「帰りたくない」
と悲しそうだったけど。
…自業自得です!
と言って施設に帰した。
いい子にしてたら可愛い妹なんだけどなあ。

施設には、正月でさえ帰宅できない人たちがたくさん暮らしている。
入所中のクリスマスや年末年始はどんな感じなのだろうなあと、やっぱりちょっと罪悪感にかられながら想像する。
そしてやっぱり年越しは家でさせてあげたいなあと思う。

家族と協議の上、年越しは2晩連れて帰ることにしました。
寝不足と闘う決意を固めた私に激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

そうそう。
昨日からPCの調子がものすんごい悪いです!
起動しなくて泣きそうでした…。
更新が止ったら「PCが死んだんだな」と思ってください。

ということでメーラーも開けず…。
ここで個人宛てメッセージをひとつすみません。

素敵なクリスマスプレゼントを下さった某Rさん!
ありがとうございます!!!
ストレスMAXなクリスマスに生き返りましたーー!

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

雪貴 says..."No title"
妹さんは、眠剤を服用されたりはしてないのですか?
だださん、体にはくれぐれもお気を付けくださいね。
2015.12.26 12:01 | URL | #z8Ev11P6 [edit]
だだ says...">雪貴さん"
眠剤、効かないんですよね(笑)。
けっこうきついのもらってるみたいなんですけど。
お互い頑張りましょう!
2015.12.26 22:37 | URL | #- [edit]
ゆりりん says..."本読みました"
きょうだい介護おやこ介護、本読みました。だださんのブログは最近読み始めたので、まだ過去のブログは読めていません。
本を読むことで、背景がよく分かりましたし、だださんの基本的な考え方や生き方に大変共鳴しました。ブログも、トラックバックしながら読んでいきたいと思います。

私は介護は補助的な役割しか果たしていません。わが身に致命的な病気が見つかったため、どこまで両親の介護ができるか、そちらに悩む毎日です。

これからもブログ楽しみにしています。
2015.12.28 08:47 | URL | #- [edit]
だだ says...">ゆりりんさん"
こんにちは。
拙著をお読みいただきありがとうございます!
共感して頂けて嬉しいです。

ゆりりんさんのご両親も介護が必要なのですか。
そのうえご自身もご病気とは、本当にお辛いことですね…。
お体もお心も、大事になさってくださいね。
2015.12.28 23:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する