在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
6

一進一退

晴れたらアジャリと日向ぼっこをしよう。
そう思っていたけれど、残念ながらずっとどんよりした曇り空だった。
アジャリはヒーターの前でうつらうつらしながら一日を過ごした。
母が本を読み、梅ちゃんが『ハウルの動く城』を見てる。
二人の気配を感じながら過ごしていた。

目をあけた
(目をあけたアジャリ)

今日はまったく起き上がれなかった。
トイレも垂れ流しになった。
ごはんは、たったの一口だけ。
褥瘡防止用クッションにペットシーツとタオルを敷いてその上に寝かせている。

それでも今日は、水を3回も飲んだ。
ごそごそ動いて寝返りをしようと試みた。
昨日よりは表情がはっきりしていて、何度か顔をあげて私を見た。
 「大丈夫。疲れてるだけだよ」
とでも言うように。
時には
 「龍ちゃんがうるさいな」
と怒ったようにシッポをぴくぴく動かした。
まだお話ししてくれる。
それが嬉しかった。

明日は。
明日こそは。
日向ぼっこをしよう。
明日という日を信じよう。
ねえ、あじゃり。

…一方、サンジ。

ぼくもぼくも
(妹に抱っこしてもらうサンジ)

私はアジャリにかかりっきりだし、母は子ども達に夢中だしで、サンジはすっかり拗ねている様子。
隙があれば
 「ぼくも! ぼくも!」
と訴えてくる。
サンジも不安なんだろうな。
甘えんぼうのサンジも、今は気をつかってアジャリの邪魔をしないでいる。
また、いつもの冬みたいに、ヒーターの前に並んで互いの毛づくろいをする2匹を見れたらいいな。
励ましの1クリック、いつもありがとうございます!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 6
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

秘密の訪問者さん says..."No title"
アジャリさん今日も無事過ごせたね。頑張ったね。明日も朝を迎えられますように。みんなと一緒にすごせますように。アジャリさんが小さい頃から、その優しさと家族思いのところが大好きでした。だから、だから、奇跡を信じてます。
2015.12.14 00:24 | URL | #73N2RJF. [edit]
まあさ says..."No title"
アジャリさんへ
どうかご無理なさらずに、どうかあなたの思うように。
あなたがそうしたいのなら、ほんの少しだけ無理なさってもいいけれど
その後、十分に休養してくださいね。
とには子猫だったときのように、甘えてあげてください。
きっと、みんな喜ぶと思うんです。

みんな、あなたが大好きで、尊敬しています。
2015.12.14 03:03 | URL | #EaABWkWY [edit]
めぐみ says..."No title"
こんにちは。
アジャリさん、このまま穏やかな日が続くと信じています。
家族の身体の具合が悪いと不安になってしまうけど、ちょうど妹さん達が来てくれているので、少し安心しています。
だださん、この一瞬も大切に生きましょう。
私も母と、そうやって生きてます。
2015.12.14 11:28 | URL | #D2.ZSBM. [edit]
だだ says...">秘密のコメントさん"
ありがとうございます。
アジャリに明日はもう来ないけれど、今もずっとそばにいてくれる気がします。
本当に良い猫でした。
2015.12.14 19:49 | URL | #- [edit]
だだ says...">まあささん"
ありがとうございます。
まあささんのお言葉をアジャリに伝えました。
きっと聞こえていたと思います。
アジャリは最後まで思い通りにいきました。
2015.12.14 19:50 | URL | #- [edit]
だだ says...">めぐみさん"
ありがとうございます。
一瞬一瞬がたいせつなひとときでした。
時は過ぎてしまうけれど、思い出は残ります。
お母様と大切な時をすごしてください。
2015.12.14 19:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する