在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

失禁くらい、どうってことない

老猫アジャリがまた弱りだした。
何か大きな病気の兆候がでたというわけではない。
ただ、食べない。
10日くらい前から食がとても細くなった。

それから失禁。
トイレに行く途中で出ちゃったり。
トイレまでたどり着いても、お尻だけはみ出して失敗したり。
家中にペットシーツを敷いているけど間に合わない。
子供たちが
 「アジャリさんがおしっこした!」
と教えにきてくれる。
そろそろオムツをした方が良いのかな、とも思う。
だけどオムツは、不快なだけでなく威厳を損なうものだ。
私はなるべく使いたくない。

あじゃりの後ろ姿

アジャリがトイレを失敗するたびに
 「あー、またやらかした!」
って思うんだけど。
これもあまり口にしないほうが良いのだろう。
アジャリが傷つくから。
人間だって、猫だって。
 「おもらししたね」
と指摘されたら恥ずかしいに違いない。
みんなの目の前で失禁してもアジャリは
 「何も悪いことなんかしてないよ」
という顔で去っていく。
私たちは
 「平気平気、大丈夫大丈夫」
と言いながら拭いてまわる。
失禁は、どうしようもないことだ。
おしっこくらい拭けば良い。
うんちだって取れば良い(シミにならないことを祈りつつ)。
排泄物の臭いなんてうちの家族は慣れたもの。
それに、水ばかり飲んでるアジャリの尿は、もうほとんど臭わないから。
どうってことない。
大丈夫だよアジャリ。
どんなに汚したっていいから。
お願いだから、ちょっとでも長く、私たちのそばにいてください。

また痩せちゃった
(足がヨロヨロです)

姪っ子と甥っ子がギャーギャー騒いでも、わんわん泣いても、アジャリはずっとリビングで過ごしています。
うるさいのは体に堪えるはずなのに、家族のそばに居たいのでしょうか。
2才の龍ちゃんに踏んづけられないよう、椿が必死でガードしてくれています。

アジャリの健康を祈って1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 2
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

しろうさ says..."がんばれ~~!!"
だださん お疲れ様です!
かわいいアジャリ、なかなか大変ですね。
我が家のしろさま(猫)は、22歳で天国へ行きましたが
最後は目が見えなかったので、ペットシーツを敷き詰めて
段ボールと布団で囲いをしたスペースで過ごしました。
食事は 毎日 刺身と焼いた鯵のほぐし身でした。
パウチのスープとカリカリは 出しっぱなし、
お水は重いグラタン皿に入れていつでも飲めるように!
関節痛がひどかったのか、抱っこも嫌がられました。
かわいいかわいい大事な 猫さまでした。
アジャリさんも幸せだねぇ~!
がんばれ、踏まれないでね~!

だださん お忙しい様が目に浮かびます。
風邪引かないように ご自愛くださいませ♪

2015.12.11 07:59 | URL | #WGv/JGO2 [edit]
だだ says...">しろうささん"
22才とは頑張りましたね!
うちに以前いた雌猫のときは、しろうささんと同じようにダンボールでケージ作りました。
病院にも通って。
でもアジャリはもうほとんど動かないので…もういいかなと思います。
苦しそうな様子もなく、不安がって鳴いたりもしていません。
できるだけいつもどおりの状態にしてあげたいと思っています。

2015.12.11 23:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する