在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

お帰り!

昨夜おそくに、オーストラリアに嫁いだ妹とその子ども達が帰国した。
13才という感じやすいお年頃になった椿と、
「アホな子ほど可愛い」といわれている7才の梅ちゃん、
そして悪魔のようにやんちゃな2才児・龍くん。

母はもちろん、わくわくして帰りを待ち焦がれていたけれど、それ以上に興奮したのが、猫のサンジだ。
子供たちはみんなサンジの親友だから。

 「遊ぼう、遊ぼう、遊ぼう!」

梅ちゃんとサンジ
(梅ちゃんに捕まったサンジ)

叩かれても、引っぱられても、蹴られても、踏まれても。
サンジはまたスリスリし、ごろごろいい、じゃれつき、抱っこをしてもらいに行く。
何度でも何度でも。
 「遊ぼう、遊ぼう、遊ぼう、遊ぼう!」
3人の間に入っていく。
なんて楽しそうなんだろう。
一年間、ずっと待ってたんだね。

一方、アジャリはマイペース。
あくまでもマイペース。
いろいろなものを超越した状態にあるのかもしれない。
最初にちょっとだけ
 「お、いらっしゃい」
と挨拶に出てきた以外は、定位置(ヒーター周辺)から動かない。
子供が騒ごうが泣こうがわめこうが。
びくともしない。
不動のアジャリさん。

元恋人
(元恋人・椿になでなでしてもらってます)

それでも、どんなに子供がうるさくしても、逃げ出さないのは…やっぱり嬉しいのかな。

子守りで大変な我が家に励ましの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する