在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

母の理想のデイサービス

デイサービスのカラオケが苦手な母。
ケアマネさんに話して、カラオケのない事業所を探してもらってはいるけれど。
やっぱりなかなか難しい。
 「もっと私向きのデイサービスはないのかな?」
と母がいう。

そこで、母が夢みる理想のデイサービスを想像してみた。
名付けて、デイサービス「ムジカ」。

・クラシック音楽をテーマにしたサロンのようなデイサービス
・カラオケなし、演歌なし
・壁には音楽家の肖像やウィーンの写真
・「モーツアルトの週」「ベートーベンの週」など週替わりでBGMをかける
・ピアノ、バイオリン、管楽器も楽器もいろいろ揃えてリハビリ代わりに楽器演奏
・レクの時間には合奏
・弾けない人には私が楽譜の読み方から教えてあげる
・たまにはジャズの日や映画音楽の日を設けてもいい
・ボランティアの人たち(母の友達)に交代で演奏会を開いてもらう
・帰り際には必ずみんなで「第九」を歌う

えーと、ものすごく偏ったデイサービスですね。
 「あんた作ってよ!」
気軽にいわれました。

本日の猫写真は、布団から出たくないアジャリさんです。

布団から出られない

折り畳みベッドだから、布団から出てくれないと片づけられないんですけど。
 「いやだー出たくないー!」
と、ギリギリまで布団にしがみついています。
最後はそのまま折り畳まれてます。

寝ぼすけアジャリに1クリックで喝を入れてください!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

ぴあの says..."No title"
いいですね~♪
音楽三昧のデイサービス、私が将来入りたいです(笑)
だださんもバイオリンを弾かれるんですか?
ぜひいつかご一緒に演奏したいです☆
2015.12.01 18:40 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.01 20:46 | | # [edit]
だだ says...">ぴあのさん"
クラシック三昧のデイサービスです(笑)。
音楽療法にはなると思うんですけどね。
あ、文中の「私が教える」の「私」は母のことなんです。
私自身はバイオリンは子供の頃に弾いてただけで、今は母と一緒に遊ぶ程度ですよ~。
2015.12.02 14:51 | URL | #- [edit]
だだ says...">秘密のコメントさん"
えええ、デイで孤立なんて、ひどすぎますよ~!
想像しただけで悲しくなります。
どこのデイでも当然いろいろな状態の方がおられますよね。
母も昔は何もできませんでしたが、何もできなくてもとりあえず輪の中には入れてもらって、そばで眺めていました。
今でも工作はできませんが「口出しだけする」と言っています。
妹はもっと何もできませんが、どこへいっても職員さんがいろいろと工夫してくれています。
こういうのは施設によるのでしょうか…。
お母様にあった良い施設が見つかるといいのですけれど。
2015.12.02 15:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する