在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

猫は扉を閉めない

 「入れて」
ダメ。
 「入れて!」
ダメ!
 「入れてっていうてるやん!」
もう! アカンっていうてるやん!
 「じゃあいいよ、自分で入るもん!」

もうちょっと

扉をガタガタいわせているのは、サンジです。
アジャリなら前足を上手につかって開けられるんだけど、サンジはまだまだ下手くそで。
なんとか顔をつっこんで開けようと頑張っています。

もうちょっと・・・。
もうちょっと・・・!

もうちょっと!

必死です。

開いた!

やっと入れた―!
おめでとう!

・・・って、

入って来るないうたのに!

じゃまじゃまさんじ
(私のひざの上からパソコンを眺める)

パソコンの上で寝てみたり。
キーボードを叩いたり。
このブログを書くとき、大抵はサンジが邪魔しているので、ディスプレイが半分しか見えない状態です。
ものすごい邪魔。

サンジと闘いながらブログを更新している私に励ましの1クリックをお願いします…。

にほんブログ村 介護ブログへ

猫って、自分で扉を開けるのはいいけど、ぜったいに閉めてくれないのも悩みの種です。
これからの季節、寒いんですよね…。

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 2
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ロコ says..."同感です、大同感です"
閉めてくれない冬のドア。
サンジくん、ほんとに必死の形相ですね。
こじあけ感満載。

要求に気がつかなかったり、試しに知らんぷりすると、
うちのは遠慮会釈なくガーリガリ。
障子の桟は、ヒサンのサンに。
2015.11.24 08:53 | URL | #sFtYLX32 [edit]
だだ says...">ロコさん"
ガリガリ、うちもやりますよー!
> 障子の桟は、ヒサンのサンに。
目に浮かびます(笑)
うちも障子は幽霊みたいになってます。
柱のささくれも危険なことに…。
そういえば、猫が後ろ手で戸を閉めるようになったら、それはもう化け猫だそうですよ。
2015.11.24 20:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する