在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

施設入所と家族の距離感

施設入所させた家族に、みんなどれくらい会いにいくものなんだろうか?
 「ほぼ毎日」
という人がいる。 「私が行かないと暴れるのよー」
 「毎日は無理だけどできるだけ」
という人もいる。「待ってるから、行かないと可哀そうだから」
 「面会はあんまりいけないけど、なるべく毎週末、外泊させて家に帰れるようにしてる」
という家族もあった。

かと思えば、施設の職員さんから
 「入れたら入れっぱなし、面会なんてぜんぜん来ない家族も多いよ…」
と聞いたこともある。
ずいぶん前にその話を聞いたときは、ひどいなあと思った。
もしも私が家族を施設に入れるようになれば、なるべくたくさん会いにいってあげよう、と思った。

・・・思ったのだけど!

実際に妹を施設に入れてみると、そう簡単なことではないことが分かった。

いろいろ理由があり、家でみられないからこそ施設に入れてるわけだ。
しょっちゅう家に連れて帰ったり、毎日面会に行くのであれば、在宅介護とさして変わらない手間がかかる。
施設が近所ならまだしも。
「順番がまわってきたから」という理由で遠くの施設に入っちゃったら、そうそう会いに行けないだろう。

うちの家から妹が暮らす施設までは車で1時間。
遠くはないけど、ちょっと面倒くさい距離だ。
宝塚の施設だから「大劇場へ遊びに行くついでに会えるかな」なんて当初は思ってたけど、大劇場へ行く暇なんてぜんぜんないから。
結局、月に一二度帰宅させるのと、ときどき短時間の外出をさせるのがやっとという状態だ。

今日はあまり時間がなかったのだけど、ドライブに連れ出した。

DSC_4256.jpg

コンビニでアイスを買って。
マウントレーニアのカフェオレを飲んで。
となりのトトロを熱唱しながらドライブを1時間。
私にしてあげられることは、たったそれだけ。

うちの妹は、夜中は怪獣みたいに大暴れするんだけど、昼間はほがらなかな女の子だ。
今日もいっぱい笑って、大きな声で歌っていた。
我が妹ながら、すんごい可愛いの!

だけどドライブが終わり、私が「もう帰るね」というと、一気にしおれた。
 「ママ!」
ママに会いたいと言った。

もっと会いにいってあげなくちゃと思う。
でもけっこうしんどい、とも思う。
もっと家に連れて帰ってあげたいと思う。
でもこれ以上はつらすぎる、とも思う。

冷たいお姉ちゃんでごめんな。
けどU子はもう大人やから。
また来週、迎えにくるから。
来月はいっぱい帰れるから。
たくさんたくさん言い訳しながら、私は妹の施設をあとにする。
・・・なんか情けない。

今日はちょっとだけ疲れました。
激励の1クリック、よろしくお願いします…!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


本日の猫写真。

外に出たいサンジと、中に入りたいアジャリ
(外に出たいサンジと、中に入りたいアジャリ)

アジャリは足をタオルで拭かれるのが嫌だから、入ろうかどうしようかいつも悩んでる。
早よ入れや…。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する