在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
11

アジャリ、病院へ行く

アジャリ爺さんが病気になりました。
猫風邪です。
クシャミと鼻水、目ヤニがひどいです。
食欲もおちてきました。
自然治癒を期待していたのですが…いつもと様子が違います。
ケガや病気をしたことは、前にも何度かありましたが、こんなふうじゃなかった。
なんだろう。
闘争心がない感じ。
穏やかな負のオーラを纏っている感じ。
心身共に弱っているようです。
ついに病院につれていきました。

アジャリは、病院が死ぬほど嫌いです。
なんだかプライドを傷つけられるようで。
普段のアジャリなら、病院と聞いただけで逃げだします。
捕まえようとすれば抵抗するし、抱っこなんか大嫌い。
なのに昨日はあっさりと洗濯ネットに入れられて車に乗せられてしまいました。
抵抗する力もないのです。

アジャリが動物病院へきたのはいつ以来でしょうか。
先生は「ついに来たか」という表情でした。
 「もう18才ですしねえ…」
猫風邪ではなく今後のことを含めての相談となりました。

アジャリは今まで診察を受けていないけど、ここ1,2年で毛並が悪くなってしまったし、食べ物の好みもおかしいし、内臓には何かしら病気をもっているでしょう。
実際、脱水がひどいといわれました。
だけどそのための検査をしたり入院したり継続的な治療をするのは大変な負担になります。
体もそうだけど、精神的な負担が大きいです。
私は、誇り高いアジャリを怯えさせたりプライドを傷つけることはしたくないです。
人間のわがままで苦しめたくはないです。

「猫ちゃんはね、家の子でも野性と一緒で、病院を嫌がる子はもう仕方がないです。
そこが天の決めた寿命なんだと思います」

私も先生と同意見です。
これがサンジなら、「先生こんにちは!」といってゴロゴロ喉をならすサンジなら、治療もできるでしょうが…。

対症療法だけで良いです。
クシャミと鼻水をとめてあげてください。
そういって、注射をお薬を処方してもらいました。
アジャリさん、注射されたときだけは激烈な声をあげて怒ってました。

アジャリ爺さん

病院にいるあいだ中、アジャリは私の腕の下に鼻先をうずめていました。
子猫の頃、予防注射のために病院にくるたびそうやって隠れていたものです。
服の袖口からもぐりこんで出て これなくなって、なかなか診察が受けられなかったときもありました。
大きくなっても、お爺さんになっても、アジャリは私の腕に隠れようとしていました。

家に帰ってから、ごめんね、つらかった、とさすってやると、
 「怖かった!」
というように私のアゴに自分の頭をこすりつけて抱きしめてもらいたがりました。
これはアジャリの人生で初めての行動です。
こんな甘えたな様子は見たことがありません。
アジャリにとって病院は、弱り目に祟り目、よっぽど怖くて辛い体験だったんでしょう。
でもめっちゃ可愛かったです…。

回復の祈りをこめて1クリックお願いします…。
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

幸い注射が効いたようで、クシャミも鼻水もすぐにおさまってきました。
けれど食欲はまだ戻りません。
水ばかり飲んでいます。
今から大好きなおタイの刺身を買ってこようと思います。

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 11
該当の記事は見つかりませんでした。

11 Comments

ひらめ says..."No title"
読んでるだけで涙が出ます
仕方ないんですけど……
2015.11.07 16:19 | URL | #- [edit]
POTE says..."ターミナルケア"
犬猫を人間と同等に考えるなんて と眉をひそめる方もおられるでしょうが、18年共に暮らしてきた存在はかけがえのないものでしょう。
親兄弟同様、いつかは彼方へ旅立つ時期が来て、その時どのように対応し、どのように送り出すべきかを予め考えるのは辛く切ないけれど、飼い主というより家族として当然の大切なことです。
人間同様、高齢になると急に具合が悪くなることはあっても、いきなり回復にはなりませんね。
焦らずゆっくり養生させてあげてください。
アジャリちゃんがまたご飯が美味しく食べられますようお祈りしております。
2015.11.07 16:42 | URL | #.5Qwvuhc [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.11.07 17:00 | | # [edit]
あゆみん says...""
鼻水クシャミが止まって少しは楽になったかなぁ…
食欲も戻って欲しいですね!
家族が元気ないと心配です。。。
2015.11.07 23:09 | URL | #- [edit]
サンジ好き says..."No title"
生き物には皆寿命があるのはわかっているけれど、せつないです。

アジャリ君、タイのお刺身食べてくれるといいですね。
2015.11.07 23:21 | URL | #- [edit]
まあさ says..."No title"
「アジャリさん、お見舞い申し上げます。」
だださん、あじゃりさんにそう伝えてくださいね。

きっと、いつなのかは、アジャリさんが決めるのでしょうね。
穏やかな日々でありますよう、お祈り申し上げます。
2015.11.08 05:17 | URL | #EaABWkWY [edit]
だだ says...">ひらめさん"
ありがとうございます。
でもちょっとまだ気が早いですよ~生きてます(笑)
今日はちょっと復活しています!
2015.11.08 11:56 | URL | #- [edit]
だだ says...">POTEさん"
ありがとうございます。
人間の場合ならもっと治療をさせてあげたいと思い、悩みも深いのでしょう…。
人間と動物とでは生きるための哲学が違うはずなので、そちらを大事にしてあげるべきかなと思っています。
ほぼ老衰のようですから、一旦は治っても、だんだんに弱って行き、まるで階段を降りていくみたいに下降していくのでしょう。
なるべく長くおいしいご飯を食べてほしいと思っています。
2015.11.08 12:01 | URL | #- [edit]
だだ says...">あゆみんさん"
ありがとうございます、その通りなんです。
猫たちに元気がないと、私までパワーでなくて…。
おかげさまでクシャミと鼻水はほとんど治りました。
ご飯もちょっとずつですが食べてくれました♪
2015.11.08 12:02 | URL | #- [edit]
だだ says...">サンジ好きさん"
せつないです。本当にせつないです。
こればっかりはどうもしてあげられないから。
アジャリ、鯛のお刺身よりモンプチを選びました(笑)。
サンジも心配そうにしています。
2015.11.08 12:04 | URL | #- [edit]
だだ says...">まあささん"
ありがとうございます、枕もとのアジャリにお伝えしました。
まだ少しずつですが食べるようになってきたので、しばらくは頑張ると思います。
冬には子ども達がやってくるのでアジャリも楽しみにしているはずです。
なるべく楽しく、幸せに暮らしてもらいたいものです。
2015.11.08 12:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する