在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

猫の認知症にフェルガードは効くのか?

アジャリが
 「ニャホホホオ! ミャオオオオウ!」
と恐竜みたいな声で遠吠えをはじめたのは、去年あたりから。
前にいた雌猫(享年19才)も晩年は同じように吠えていたっけ。
猫は年をとると恐竜になるものなのだ。

トシのせい、というのはどういうことなのだろう。
ネットで検索したら「猫の認知症」「猫の徘徊」とある。
一晩中うろうろして遠吠えをしているアジャリの行動にぴったり一致。
目も耳も足元も元気なアジャリだが、猫の18は人間の88才だというから、まあ、しゃあない。

この靴下がすき
(88才のアジャリお爺さんは靴下を抱え込んでいます。)

先日この話をブログに書いたら、さすがは介護ブログで
 「認知症用のサプリメントで犬猫にも効くものがありますよ」
と教えて頂くことができた。(Mさんありがとうございます!)

もちろん人間用にくつられたサプリメントだ。
とても有名なもので、認知症の方以外にも使っている人はたくさんいる。
言動が落ち着くみたい。
調べてみると獣医さんのサイトにも「効果が期待できる」と載っていた。
副作用もあまりなさそうだし・・・試してみるか。
フェルガード。

フェルガード

メーカーのお客様相談室に電話をして注文した。

「フェルガードはサプリメントなので薬ではありません。」
「犬や猫にも効果がみとめられるため、使用している獣医さんもいます。」
「5キロ以下の猫ちゃんなら、用量は人間の半分。」
「副作用としてお腹がユルくなるかもしれないから気を付けて。」
そんなふうに言われた。

さっそく届いたので昨夜から飲ませている。
アジャリさんは食いしん坊なので、モンプチに混ぜるとまったく気づかずに飲んでくれる。
効果がでるといいなー…。

アジャリの言動が落ち着くことを祈りつつ、1クリックをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログへ

でも考えてみれば、猫って人間の10分の1くらいしか体重がないのに、人間ののむ半分の量を与えてしまって良いのでしょうか…。

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する