在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

お留守番をがんばった猫たちへのお土産は

家族そろっての一泊旅行でお留守番をさせられた猫たち。
もちろん、ご飯も水も用意してあったし、猫好きボランティアのTさんが朝夕2度も様子をみにきてくださっていた。

Tさんの報告によると…。

「名前を呼んで、『こんにちは!』と声をかけたのですが、サンジちゃんは一度も顔をみせてくれませんでした。
普段はドアを開けただけでお出迎えしてくれるし、いつもあんなに人懐こいのに…不思議でした。」

実はクールなサンジ

サンジは甘えん坊でお客さん大好きなのに。
家族が家にいないと警戒するんだろうか。
元野良だからクールなんだろうか。
…ただ眠たかっただけなのかもしれないけど。

アジャリは、サンジとは対照的。 

「名前を呼んだら『ニャー!』と返事をしてくれました。
2階にいたんですけど、ニャーニャー鳴きながら階段をおりてきて。
私が帰ろうとしたら
『いっちゃうの?』
って顔をするんです」

挙動不審のアジャリ

えらそうな顔をしたアジャリ爺さんは、本当はさびしがりやだから。
長い人生のうちに、家族がいなくなる恐怖と悲しさを身に染みて知っているから。
Tさんには
 「来てくれてありがとう! 泊まっていってもいいよ」
くらい言っていたのかもしれない。

私たちが帰宅したとき、猫たちは誰も「おかえり」を言いにきてくれなかった。
昼の2時という、猫的には眠たい時間だったせいもあるだろう。
でもそれ以上に拗ねていたのかもしれない。
夜中になってからサンジの「遊んで攻撃」はものすごかった…。

猫たちへのお土産は焼津のまぐろとカツオブシ。

(クリックすると商品ページへとびます)

なんと焼津のまぐろは家の近所のドラッグストアで買うことができた。
キャットフードだけどな。

かつおぶし

かつおぶしは、ちゃんと焼津で買ったやつ!
もったいないから人間と半分こ!

どちらも美味しかったらしく、アジャリはがつがつ食べてくれました。

いつも応援の1クリックありがとうございます!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

Tさんは最後に
 「ひとつ気になることがあるんですけど」
と言った。
 「アジャリさんもサンジちゃんも、ウンチをしてないみたいなんです。
 大丈夫かしら?」

ご心配なく。
私たちが帰宅するとすぐ、2匹順番に 健康なウンチを披露してくれました。

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する