在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

私の宝箱

自室の掃除をしていたら。
かなり埃をかぶった箱がでてきた。
入っていたのは…カメラだ!

トイカメラズ

HOLGAやdemekin、写真には入ってないけどフィッシュアイもあった。
若い頃に遊んでたトイカメラたちだ。
旅に出るとき一眼レフやデジカメはほとんど売ったのだけど、トイは買い取ってもらえなかった。

これは昔のフィルムカメラ…といっても35mmフィルムじゃなく、ブローニーとか110とか、かなり不思議なフィルムを使うカメラだ。
そのくせ全然、まともに写らないの!
光が入ったり色が変だったり四隅が欠けたり。
そのヘンテコ具合を「味」として楽しむカメラだから。

今ではスマホで簡単に編集ができるし、トイカメラっぽく加工するアプリがいくらでもある。
だけど本物のトイカメラのもつ「偶然」のおもしろみだけは絶対にデジタルで作ることはできない。
どんな写真ができてくるのか分からないから、ワクワクしながら待っていたっけ。
ありえないくらい現像代がかかるのが最大の欠点!

もうひとつ、大きな箱がでてきた。
これもカメラだった。
ファインピックスS6000。
8年前くらいに買ったものだ。
売るつもりだったのに、忘れてた。

s6000

SDカードが入らないなあと思ってたら、メモリはXDだったよ。懐かしい。
これはモロッコに行ったときに使ったカメラ。
マラケシュやシャウエンや…猫がたくさんいた。
楽しい旅だったな。

シャウエンの猫
(シャウエンの猫)

画素数は600万画素くらい。
スマホにも劣るな。
せっかくだから、サンジの写真を撮ってみた。

DSCF2624.jpg
(うちの猫)

激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

トイカメラのフィルムもまだ残っている。
古いフィルムだから写るかどうかわかんないけど、どうせトイだし、いいだろう。
明日、雨があがったら、母を連れてどこかへ撮りにいってみようかな。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する