在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

血液検査の結果は…

母はこのあいだ病院で検査を受けた。
といっても簡単な血液検査。
結果は…

 「百点満点です!おめでとう!」
かかりつけのお医者さんが、まるで表彰状みたいに結果通知を差し出した。
すべての項目がみごとに「標準」の範囲内。
ギリギリのものすらなかったという。
 「健康そのものです!」

歯周病が気になるお年頃
(サンジは歯周病かもしれない。キバが伸びてきた)

身障者1級で要介護5だけど内臓は「健康そのもの」。
これはなかなか、ありがたいことではないだろうか。

このあいだ
 「在宅介護を始めて2年、案外チョロかった」
と書いた。
だけどそれは、母が健康であり、尚且つ、たくさんの方に助けられているからだ。

百点満点の検査結果だって周りの方々のおかげ。
 「タケノコが採れたから」
 「野菜を炊いたから」
 「ジャーサラダを作ったから」
親戚や友達やご近所さんがいろいろと美味しいものを持ってきてくださるから。
うちの冷凍庫には常に頂きものの野菜やお惣菜がスタンバイしている。
パンやケーキや甘いものが大好きな母は、ともすれば栄養が偏りがちになるのだけれど
 「○○さんの畑の野菜はおいしいねえ」
 「あのひとは本当にお料理上手だねえ」
と、頂いた野菜はぱくぱく食べる。
『健康そのもの』は頂きものの賜物なのだ。
我が家の食卓を助けてくださる方々、本当に本当にありがとうございます!

そして、このブログを読んで下さる方々にも感謝です。
読んでくださる方がいるからこそ私は書くことができます。
書くことは、私の心の健康につながっています。
励ましの1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

話は変わるが、昼寝をしていた母が
 「猫が邪魔して寝返りできないの、助けて」
と訴えてきた。
猫が2匹とも母の布団に入ってた。

寝返りうてない

えーと。
寝返りできないって?
猫が邪魔で?
猫がいてもいなくても、母は寝返りできへんやん…。
アジャリもサンジもそれを知ってるから、左側で寝てるんやん。
べつに邪魔じゃないやろ?
 「そういえばそうねえ」
納得したらしい。
仲良く3人で昼寝をしていた。
平和だ。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する