在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

ヨダレの話

母は左半身麻痺。
左側がすべて動かないし感覚も弱い。
自分の左手がどこにあるか探さないと見つけられないし、少々ぶつけても痛くない。
唇の左側がうまく上がらないから、笑顔もちょっといびつになる。

ヨダレが出るのもきまって口の左側。
自分では気づけないし、唾をすすれないから。
不思議なことに人前だとわりあい大丈夫なんだけど、家ではダラーッとでてしまう。
とくに寝ぼけている朝は那智の滝状態だ。
 「おかあさん、ヨダレ拭いて」
私はときどき指摘する。
 「赤ちゃんみたいになってるよ!」
すると母は眠たそうに言った。

 「赤ちゃん? 若返ってええやん」

若返りすぎだー。

振り向きにゃんこ
(過去を振り返るサンジ)
 
昔、旅先で知り合った人に言われたことを思いだす。
「私の妹は身障者で」と話したときのことだ。

「へー、重度の脳性麻痺なの?
 ああいう人たちって臭いのよねえ、ヨダレが!
 だーだーって変な声あげてうるさいしさあ。
 年寄りもだけど、ヨダレくらいなんとかしろっての」

ストレートな言葉に衝撃を受けた。
なんで私にそういうこと言うんだと、当時は心の中でグーパンチしまくってた。

嫌な思い出だけど、彼女の言葉をときどき思い出すようにしている。
私は幼少時から排泄物の臭いに慣れきっていて、ヨダレの臭いなんかまったく分からない。
だからこそ注意しなければいけない。
私にはよく分からないけど、ヨダレは臭いもので、他人に不快な思いをさせるものだと覚えておかなくてはいけない。

小さい子供がいつも騒ぐので親がうるさいのに慣れてしまい、周りに迷惑をかけてしまうのと同じ。
ひとに迷惑をかけていることを忘れてはいけない。
子供だろうが身障者だろうが高齢者だろうが、誰かに不快な思いをさせてもいいなんて思ってはいけない。
仕方がない、と思ってはいけない。
体が悪いから許してもらえるだろう、なんて思いこんではいけない。
それは介護者の甘えであり、思い上がりだ。

・・・だからって止められはしないんだけど。
せめて、ヨダレはこまめに拭いておこう。
許してもらえるかどうかは相手が決めることだから。

激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

世の中には優しい人が多いから
 「大丈夫、臭くなんかないよ」
と、いってくれるかもしれない。
 「気にしないよ」
と。
それを当たり前に思ってはいけない。
真に受けてはいけない。
多かれ少なかれ、その人は我慢をしているかもしれないのだから。

大切なのは感謝する気持ちだと思う。
もっといえば、身障者用駐車場だってそう。
一番便利な場所を使わせてもらっている。
そのぶん、他の人が遠くに停めることになる。
それは障害者の権利だという人もいるけれど、そんなこと声を大にしていうもんじゃない。
権利って、なんだか威張って聞こえる言葉だから。
それよりも
 「良い所を使わせてもらってありがとう」
と思っておいたほうが、お互いに気持ちよく過ごせるんじゃないだろうか。

だからもしヨダレの臭いを「気にしないよ」といわれたら私は
 「ごめんね、ありがとう」
というだろう。
ヨダレを臭いといった彼女も、お客さんの前では「大丈夫ですよ」と言っているに違いない。
彼女はたしかANAかJALのスチュワーデスさんだった。
今頃どうしてるんだろうな。
ああいう人はきっと親の介護なんて絶対にしないんだろうけど…。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

よこ says..."心無い人は、放っておきましょうψ(`∇´)ψ"
上手く言えませんが…。
障がい者に対する偏見は、もうどうすることもできないと思います。なくならないと思います。
私は、ずっと、障がい者施設で働いてきました。みんなで外出していると、時々視線が痛い時があります。でも、仕方ないって、世の中そんなものだと思っています。もちろん、私が自閉症の弟と街を歩いている時も。
でも、そんな障がいのある人達の支援者たちは、たくさんいます。よだれが手に垂れようが、洋服に垂れようが、それがよだれではなく便だったとしても、私達支援者は、一瞬は「なんてことだぁ‼︎」って思うけど、洗ってしまえばそんな思いも流れ去ります。
障がいのある人は、いろんな所で様々な差別を受けています。偏見の目で見られることがあります。手帳を提示して無料になったり、優遇されたりしますが、そんなの当たり前だと思ってます。むしろ、優遇されないと、私は返ってびっくりです。優遇されないんですか?って。いいんですよ、それだけ障がいを持った人達は、たくさんの制限を受けたり、偏見の目で見られたりするのですから。
確かに、障がいがあるからって、何でも許させると思うな!って、怒鳴られたことがあります(パニックを起こして大騒ぎ。静かにさせろとキレられた…)。確かに、何でも許させるわけではありません。でも、理解はして欲しいと思います。
よだれ、いいじゃないですか。
そんな理解のない人は、放っておきましょう。
2015.09.28 22:46 | URL | #- [edit]
ひらめ says..."No title"
絶句!二重三重に
強烈な方ですね
お仕事がスッチーとのこと
目眩がします(@_@;)
2015.09.28 23:22 | URL | #- [edit]
だだ says...">よこさん"
いつもコメントありがとうございます。

私も差別は人間の本能なのでなくならないと思います。
うちの妹の障害は見た目にもハデなので、町を歩くとかなり注目を浴びますが、それはごく自然のこと。見守ってくださる温かい目も多いんですよね。昔とはずいぶん変わりました。差別ばかりで優遇制度もバリアフリーもスロープもなかった時代とはずいぶん変わりました。理解して下さる方のほうがずっと多いです。けれど、だからといってヨダレの臭いが消えたわけではありませんよね。理解を得られるか否かに関係なく、ひとに迷惑はかけるべきじゃないと思うので(できる範囲でということですが)、私は心無い人をすべて無視するのではなく、理解して下さる方も多いけど、不快に思われる方もいるのだと、肝に銘じておきたいと思うのです。もちろん、いちいち気にするのは馬鹿げていますが。

優遇制度に関しても、権利を勝ち取るときこそ大声をあげる必要がありますが、障害者手帳をふりかざして偉そうにしている人を見ると、ちょっとどうかなあと思うんです。たとえば、店で買い物をしたらレジで「ありがとう」と言いますよね。レストランで食事をしたら帰り際に「ごちそうさま」を言いますし。感謝の気持ちをもつことは大事だと思うんです。それと同じ気持ちで、身障者の優遇制度はもちろん当然のことなのですが、それでもあえて「ありがとう」とちょっとだけ思うことにしています。

そしてこれは私たち健常な介護者が気にするべきことであり、車椅子にのっている本人はまた違っていていいと思います…。
2015.09.29 09:32 | URL | #- [edit]
だだ says...">ひらめさん"
すごいですよねえ。
絶対に友達になれないと思い、さっさと別れました(笑)。
さすがに仕事中はそんなこと言わないと思いますが…。
本当にいろんな人がいるものです。
2015.09.29 09:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する