在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

過酷な牧場体験

良い天気なので、母とお出かけをすることにした。
牧場へ行こう。
羊を見ながら、のんびりしよう!

六甲山牧場1
(めええ)

家から車で30分。
六甲山牧場に到着。
入場料を払おうとすると
 「身障者はタダ、介助者も1名はタダ」
といわれて舞い上がる。
神戸市すごい!
ありがとう!
とか思った。
だが、タダには理由があったのだ…。

六甲山牧場の入り口は南北に二つある。
公式ホームページによれば
 「北入場口は階段があるので、車イスの方は南からどうぞ」
とのこと。
たしかに、南入場口には段差はなかった。
なかったけど…。
エレベーターもないわけで。

あるのは、坂道。
ものすごい坂道!

六甲山牧場4
(写真だとよくわからないけれど、傾斜がキツすぎて登れなかった道)

しょうがないよ。
だって山だもん。
六甲山だもん。

六甲山牧場はスイスの山岳牧場をモデルに作られたらしい。
全てが急坂。急斜面。
車椅子を押して歩くのは、ちょっと過酷だった。

六甲山牧場3
(がんばれ、私!)

身障者の入場料がタダだったのは、身障者むきの場所ではないからなのかもしれない。
あまりにも坂がきついので、放牧場のほうにはぜんぜん行けなかった。

駐車場の下の、囲いの羊さんをちょこっと見てまわるだけで、私は息が切れ、汗だくになり、それでも坂を上らないと帰れないから
 「いくぞおおおお!」
声にだして気合を入れなから必死で一歩一歩のぼっていった。
親切な方が
 「いっしょに押しましょう」
と声をかけてくださった時には感動した。

六甲山牧場2
(今日は暑かった)

なんとか坂をのぼりきり、サンドイッチを食べ、チーズを買って帰った。
母は楽しかったかどうかわかんないけど、私には良い運動になった。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

季節が良いあいだに、どんどん出かけるつもりです。
今度はどこに行こうかな?

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

よこ says..."筋肉痛になってませんか?"
坂道の多い場所での、車椅子、本当にびっくりするくらい重いですよね‼︎
どーしてこんなに重いのか‼︎ってくらい(;´Д`A
私も、車椅子の方とディズニーシーに行ったことがあるんです。ディズニーシーは坂道が多く、息を切らし、鼻息荒く、夢の国とは全く思えず…。翌日は筋肉痛になり…。
夢の国が、車椅子の人達にとって、こんな不親切な国でいいのか‼︎と、叫びたいほどでした。
六甲山。危険です。
私も昔、六甲山をドライブしてことあります。けっこうしっかりした山ですよね…(>人<;)
ゆっくりお休みくださいm(._.)m
2015.09.28 19:12 | URL | #- [edit]
だだ says...">よこさん"
筋肉痛、軽くなりましたよ~。
坂道の車椅子の過酷さは、押した人にしか分かりませんよね。
妹の場合は体重もないですし車椅子も軽いタイプなので苦労もずいぶん減るんですが…。
ディズニーシーってそんなに坂が多いんですか。
埋立地なのに不思議ですね。
六甲山は町に近いながら、けっこう遭難もあるくらいの山なんです。
すっかりしてやられました…。
2015.09.28 20:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する