在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

怠けることを覚えた猫

猫のサンジ(7才)は遊びが大好き。
いつもいつも
 「あそんでー!あそんでー!」
足にまとわりついて、ジャレついて、危ないったらありゃしない。
あんまり邪魔なので
 「一人で勝手に遊んどけ!」
と、オモチャを渡しておいた。

久しぶりに引っ張り出してきたおもちゃ。
「キャッチミー・イフユーキャン」。



円い敷物の下を羽がくるくると走る、というもの。
電動で、まるでネズミのような動きをするからもどかしいのだろう。
猫は夢中になって追いかける。
2年前に買ったときはサンジだけでなくアジャリも必死になって遊んだものだ。

2013年1月撮影


だが乱暴に襲いかかるため、内部の線がちぎれたり、羽が抜けてどっかいっちゃったり。
すぐに壊してしまい、お蔵入りとなっていた。

今回、あまりにもサンジが邪魔をするので、久しぶりにこのオモチャを引っ張り出してきた。
時間はかかったけど、なんとか修理できた。
羽がないのでストローで代用するしかなかったけど。

サンジは喜んだ。
喜んだのだけど…なんか違う。

サンジ、怠けてる!

2015年9月撮影

(映像暗くてごめんなさい)

2年経ってちょっぴり賢くなったサンジは、完全にオモチャの動きを見切っていた。
オモチャはぐるぐる回るだけだから
 「追いかけなくても、待ち伏せすればいい」
と気づいたのだろう。
そりゃそうなんだけどさー。
それじゃおもしろくないやん!
猫的に、というか、飼い主的に!

激励の猫パンチ1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

あんまりおもしろくないのかなーと思ってたけど、サンジはこんな状態で1時間くらいダラダラと遊びつづけていました。
それなりに楽しんでたみたい。
まあ、いいけど…。
関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する