在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

危険な夫婦

昨夜、名古屋からの帰り道。
高速道路の渋滞で、予定よりも少し遅くなってしまった。

母は昼間のうちにショートステイから帰宅して、オヤジと2人で過ごしている。
家に電話をかけたら
 「おう、まかしとけ」
と問題なさそうだったし、大丈夫だとは思うけど。
まあ、大丈夫だは思うんだけど。
でもちょっと心配…。

家に着いたのは9時半頃だっただろうか。
 「ただいまー、お母さん無事!?」
私が帰ったとき、両親はべつべつの部屋で過ごしていた。
べつべつのテレビが見たかったらしい。
 「メシも食ったし、トイレもちゃんと連れてった」
とオヤジは言う。
うん、それはありがとう。
でも…。
ダメだ…。
ダメだよオヤジ!
母の部屋に入った私はびっくりして
 「ぎゃあ!」
と声をあげた。
母が、ベッドからズレまくって、とんでもない体勢になっていたからだ。

オヤジとしては、母を「ちゃんとベッドに座らせて」いたつもりみたい。
だけどぜんぜん「ちゃんと」じゃなかった。
最初からお尻の位置がものすごく下にズレていたし、左側に支えとなるクッションもなかった。

一人でテレビを見ているうちに、母の上体はだんだんと左へ倒れていって。
私が帰ったときには、今にもひっくり返りそうな危うい姿勢になっていた。
ベッドから落ちないまでも、体のあちこちが曲がってしまい、見ているだけでもツライ体勢。
股関節はずれたらどうすんねん!

なのに母は 
 「どうしたの? 座れてるよ?」
と気づいてもいない様子。
しんどくないのだろうか。
オヤジはオヤジで
 「どっかアカンかったか?」
てな具合。
私はこれまで何度も、何度も、何度も、オヤジに説明してきたんだけど…。
ダメダメやん…危険やん…。

激励の1クリック、お願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


猫たちは、ちょっとすねてました。

おこってる

昨夜は2匹とも私の布団で眠りました。
痒かった…。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

クン says..."旅の後は"
記事のタイトル、危険な二人 ならず危険な夫婦、くいついてしまいました。た、確かに危険。でも何もなかったから言えるのかもしれませんが、のんびり自然体のままお母様と暮らすお父様も、ピリピリやイライラの空気を寄せつけずいいのかもと思ってしまいました。無責任ですみません。

お留守番の猫さん達、どうしてるのかなーって思っていました。うちの猫も長時間外出の後は、しばらく拗ねた後ピッタリくっついてくるので夜は寝苦しいです。これが二匹って、大変ですねー。
2015.09.17 09:44 | URL | #- [edit]
だだ says...">クンさん"
ええもう、のんびりまったり自然体夫婦でございます…。オヤジはこれまでに妹を2回、母を1回、落っことした実績があるので超怖いんですが(笑)。たしかにピリピリしないのは良い効果ですね。そう思うことにします!

うちは2匹なので、それなりに寂しさもまぎれるみたいです。
でも帰宅後にすねるのは変わりないです。
> うちの猫も長時間外出の後は、しばらく拗ねた後ピッタリくっついてくるので夜は寝苦しいです。これが二匹って、大変ですねー
本当に…重くて寝られませんよ…。
2015.09.17 21:12 | URL | #- [edit]
石山世津子 says..."ブログ"
定期の読者にさせていただく事は、出来ますでしょうか?
宜しくお願いします。
2015.09.19 14:31 | URL | #- [edit]
だだ says...">石山世津子さん"
ようこそ、初めまして。
こんなブログでよければ、いつでもどうぞです♪
2015.09.20 10:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する