在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

車椅子連れでイングレス?

きのうの胃の痛みは薬をのんだらだいぶマシになった。
ありがとう、ガスター10。

原因はどう考えても食べすぎだ。
家の中で文章ばっかりひねってたら、口さびしくて、ついパクパクと手がのびる。
内職も大事だけれど体重は増えるし胃は荒れるしなんとか止めなければいけない。

とにかく体を動かそう。
運動不足の極みだもんな。
歩数計つけたら一日80歩くらいしか歩いてないんじゃないだろうか。
でも、ジョギングは関節を痛めてるから無理。
ウォーキングが良いらしいんだけど、目的なく「ただ歩く」なんて退屈すぎる。
何か歩く目的があればいいんだけど。
歩く目的…
歩く目的…
と考えて。
今更ながらイングレスを始めることにした。

「Ingress」。
2年前くらいに流行ったスマホゲームだ。
といっても普通のゲームとはだいぶ違う。
GPSを使ってリアル世界の陣取り合戦をする。
世界中にはおびただしい数の「ポータル」と定められた場所があって、その場所を奪い合うゲーム。
たとえば東京タワーなどの観光地や歴史的建造物なんかはたいていポータルなんだけど、どうでもいい小さなもの、うちの近所のローソンとか橋とか公園の銅像とかも「ポータル」だ。

ゲームをするためには実際にその場所まで歩いていかなければいけない。
ポータルを探して町中をうろつく。
うろうろ歩く。
・・・あ、こんなところに公園が(ポータルあった)。
・・・あ、こんなところに石碑が(またポータルあった)。
もう20年以上住んでいる町なのにぜんぜん知らない道や広場がたくさんあった。
めったに通らない道を歩き、めったに使わない橋をわたった。
いろんな発見があった。
新鮮だった。

イングレス中

気が付いたら6kmも歩いてた。
わあ、今日は久しぶりに歩いたなー。
そういえばかれこれ2時間近く歩いてるもんなあ。
…って。

大変や!
あと5分でお母さんがデイから帰ってくる!!!!

そりゃもうダッシュで駆け戻りました。
間に合ったからよかったけど。

明日から朝30分だけ早く起きてIngress散歩でもしようかな。
毎日散歩したら、健康にいいし。
ゲームはかどるし。
そう話したら、母が
 「次はおかーさんも連れていって」
と言いました。
私のポータル巡りは車椅子連れになりそうです。

運動不足のだださんに1クリックで喝を入れて下さい!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

2

胃が痛い

今日の私。
ずっとこんな具合でした。

今日の私

なんだか胃が痛くて。
お腹の調子もわるくて。
なかば寝込んでる感じでした。

なのに・・・ぜんぜん食欲がおちないのです。
かなり胃が痛いし、生肉なんて触るだけで「ウエエ~」って思うのに。
それでもできあがった料理をみて
 「おいしそう!」
ぜんぜん平気で食べてしまう。
チョコレートが恋しくてついパクッとつまんでしまう。
そしてさらに胃が痛む。
私は胃袋までが馬鹿すぎる。

胃痛の原因ははっきりしてて、食べすぎです。
逆流性胃腸炎です。
 「これ以上、食うな!」
と自分の体に怒られているのです。
なのにそれでも食べ足りない。
まるで餓鬼。
どうやったら食欲っておちるのでしょうか…。

そんなこんなで、今日一日、母はほとんど放ったらかしでした。
私があんまり起き上がれない様子をみて、
 「ごはん、作ってあげようか」
といってくれたり、1時間もテレビの前に座りっぱなしで
 「この番組けっこうおもしろいよ」
とショップチャンネル見てたりした。
ほんまごめん、母。
明日はちゃんとします。

情けない私にお叱りと激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

4

おばちゃん、私頑張るで!

母を近所の映画館に連れていったときのこと。
 「楽しかったねー」
と見終って、帰るときのこと。
私たちは駐車場へおりるエレベーターを待っていた。
先に並んでいたのは、60代くらいのおばさんが一人。
そこのエレベーターはとても小さくて、大人が2人乗ればいっぱい、3人だとぎゅうぎゅうになってしまう。
おばさんと私と車椅子の母、全員が乗り込むことはできない。
だからエレベーターが来たときに私は 
 「次に乗りますので」
と断った。
するとおばさんは
 「いいのよ、先に行って。私は急がないから、ほら!」
と譲ってくださった。
それから、母とお礼を言って乗りこむとき、おばさんは
 「お母様? …そう、大変だけど頑張ってね!」
とも声をかけてくれた。
優しいおばさんだった。
きっと介護をしたことがある人なのだろう。

とても嬉しかった。
が、それと同時に
 「一体何を頑張ればいいのだろう」
とも考えてしまった。
昔、妹の車椅子を押して歩いていた頃から、よく『がんばって』と励まされてきた。
そのたびに
 「頑張るほどのこと、してへんねんけどなあ」
と不甲斐なく思ったものだ。
ただ車椅子押してただけやし。
今もケラケラ笑いながら映画見てただけやし。
頑張るようなこと、なんにもしてへんけどなあ。
いつもいつも首をかしげていたものだ。

が。
この日は初めて答えが出た。

・・・あ、そうや!
ウィーン頑張って行くわ!
ウィーンだけはちょっと頑張らないと行かれへんねん。
励ましてくれておばちゃんありがとう!
私、頑張るで!

一瞬だけど、心が温かくなる出会いだった。

皆様の温かいお心の1クリック、いつもありがとうございます!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

≪進む  戻る≫
該当の記事は見つかりませんでした。