在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

古い車椅子テーブルの修理が完了

妹が昔つかっていた車椅子テーブルを発見したのが、去年末のこと。
古いけど、これまだ使えるんじゃないか。
そう思って修理することにした。

修理といっても壊れてたわけじゃない。
サイズが合うようにちょっと削るだけのことだった。
だけど、生まれて初めてノコギリ持ったもんだから、うまくいかない。
人生初の日曜大工。
ぶきっちょだから苦戦した。

当初、このテーブルは妹に再び使ってもらおうと思ってたんだけど、結局は母が使うことになった。
そこで今日はさらにノコギリで削って大きさを合わせた。
やすりをかけ、その上にニスを塗って仕上げた。
前回よりもさらに苦労した。

で。
見て頂きたい。
頑張った成果を!

Before
車椅子テーブル
  ↓
  ↓
After
ニスぬった

うん・・・。
正直・・・。
かなり微妙・・・。
なにこのガタガタな切り口。
ニスもちょっとでこぼこしてて、いかにも手作り、いかにも日曜大工だから、みっともない。

でも、まあ、いっか。
車椅子テーブルを使うのはほとんど家の中だから。
みっともなくても大丈夫。
それより、これを使うことで介護保険のレンタルをひとつ減らせる。
毎月少しだけ節約できる!

ノコギリ代+ニス代+ハケ代 >>> レンタル代

とか気にしない!

・・・気にしない・・・。

冷静に考えたらちょっとアホみたいで落ちこんだ。
お慈悲の1クリックで私を慰めてください・・・!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

2

『地球の迷子』の本について

お問い合わせが数件続いたため、一度ここに書いておこうと思います。
私の書いた本『地球の迷子』について。


(アマゾンのは売り切れました、ありがとうございます。)

私が仕事を辞めて旅にでたのが2010年のことでした。
南アフリカのケープタウンから北上して中近東を経てヨーロッパまで行き、インドに寄り道して一度目の旅は4か月で終わりました。
翌年は南米に飛び、イースター島やガラパゴス、ウユニ塩湖やマチュピチュを眺めて3か月で帰りました。
帰国後 
 「本にまとめれば?」
と言いだしたのは、母でした。
本を出すことは亡くなった祖父の悲願で、同時に私の目標でもありましたから。
本当は、そのあとアジアへ向かう予定でした。
旅行記を書くのは全ての旅が終わってからにしたほうがキリが良かったはずです。
なのに母はなぜか
 「今のうちに」
とすすめてきました。
無意識で何かを感じていたのでしょうか。
私は旅行資金を貯めている途中でしたので
 「暇なあいだに書いとくか」
くらいのつもりで本にまとめました。
でも、当たり前のことですが自費出版って大赤字です。
旅行資金を貯めるどころじゃないです。
何やってんだろうと思いました。
そして3度目の旅、いざアジアへ向けて旅立だったその日に母は倒れ、私はバンコクからとんぼ返りしました。

あのとき本を作っておいて良かったと、今になって思います。
今となっては昔の旅を思い出すことも難しくなっていますので。
嬉しいことに、いまでも時々
 「本はまだありますか」
とメールを頂きます。

幸せなことにアマゾンで出した分は売り切れたのですが、私の手元にはまだ数十冊、残っています。
・・・はっきり言って大した本じゃないです。
大方はブログのまとめたみたいなもんです。
字が大きいのですぐに読み終わっちゃいます。
この本の特徴はなんといっても誤字が多いことです。
たぶん世界一、誤字だらけの本なんじゃないかな。
そのくせ1冊千円なんて我ながら高すぎです。
それでも買っていただけるという方はメールフォームからご連絡ください。

にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

0

春がきた!

昨日まで雪がふっていた。
急に吹雪いて、せっかく干した洗濯物をあわてて取り込んだ。
 「この冬、最後の雪だね」
 「最後の冷え込みだね」
 「じゃあ、最後にお鍋をしよっか」
ということで夕飯は鍋だった。

そして今日。

春がきた!

はるがきた

タツナミソウ、オドリコソウ、青いオオイヌノフグリと可愛いハコベ。
道端には、小さな花がたくさん咲いてた。
桜を待ちわびてる母はお花見をたくさん計画中だ。

春は良い。
あったかくって。
ぽかぽかしてて。
安心できて。
くつろいで。
・・・ねむい。

おやすみなさい。

にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

≪進む  戻る≫
該当の記事は見つかりませんでした。