在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

どんなトイレでも使えるように

母は左麻痺だ。
右手右足しか使えない。
だから、どんなに広い身障者用トイレであっても、右側に手すりがないと、使えない。
左手すりは使えない。

・・・これでは困る。

外出先では左手すりしかないことが多々ある。
「このトイレは使えるかな?」
「左手すりだからダメだな・・・」
なんてやっていたら、おちおち遊びにも行けない!

遊びにいこうと思ったら。
とくに外国に、ウィーンに行こうと思ったら!
トイレの選り好みなどしている場合ではない!
どんなトイレでも使えるようにならなければ!

応援の1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

そこで、障害者のお母さんたちが集まったときに、介助方法を一緒に考えてもらった。
紙パンツを一気に引き上げる方法。
壁にもたれて頭でバランスをとる方法。
やり方はいろいろある。
「慣れたらきっとできるよ」
励ましてもらい、
「これから特訓しような、お母さん!」
と決意に燃えていたら。
母がボソッと
「この子スパルタなのよ・・・」
とこぼした。
ええ、私はスパルタ娘ですが何か!?

ところで今日はチョコスコーンを作った。
焼きあがったばかりの、あつあつのスコーンを一口味見。
味見、してみたら。

・・・ジュワッ!

って音がした。
スコーンが余りにも熱くて舌が焦げた(?)音だった。
めっちゃ火傷した。
痛かった。



舌が焦げたけど、スコーンはうまうまでした。
太る・・・また太る・・・。


スポンサードリンク

0

お宝?ガラクタ?

先日、叔父の引っ越しを手伝ったときに、えらく古そうなもの見つけた。
廃品回収業者に
「これはちょっと・・・」
と突き返されたという代物。



ぼろぼろのケースの中身は、ミシンだ。
かなり古い手回しミシン。

応援の1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ



(SINGER社製)

かなりカッコイイ形をしている。
残念ながら塗装がハゲてるけど。
ハンドルを回すと、ちゃんと針が上下に動く。
使えるんだろうか?



針には糸が通ったままになっていた。
・・・死んだおばあちゃんが通した糸なのかな。
と、しみじみ話したら、母が
 「おばあちゃんが使ってるの見たことないよ」
と言う。
もしかして、ひいばあちゃんのか?



型番を調べると、製造年はなんと1911年!
100年以上昔のものだった・・・。
ちなみにアメリカ産。



ほんというと、アンティークとして売れないかな、と考えてた。
ヤフオクにかけるつもりだった。
だけど保存状態が悪すぎて、とても売り物にならない。
なにしろ触れるだけでボロボロと崩れてくる有様・・・。
どうしようかなあこれ。

売れない。
といって、捨てられない。
飾る場所もない。
あとは・・・使うか?
使えるんかコレ?


スポンサードリンク

0

車椅子2台つれて宝塚観劇へ!(後編)

車椅子2台つれて宝塚観劇へ!(前編)

感動のうちにミュージカル『PUCK』が終わり。
幕間休憩。
灯りがつくなり、母がつぶやいた。
 「お尻が痛い・・・」
そ、そうか。
こんなに長時間、座り続けたことないもんな。
妹の褥瘡が治ったかと思えば、次は母の予感。悪寒。
 「おかーさん、帰りたいんだけど」
あかん!
まだこれからショーみるねんで!
 「そうなんだけど・・・」
『PUCK』を見終えたことで母は目的を達したと思ったのだろう。
でも、私はショーも観たかった。
ひさしぶりなんだもん!
ショー観たいんだもん!
たまには私に付き合え!
 「わかった・・・」
ええ、鬼とでも何とでも呼んでください。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

母の血流をよくするべく、体操をしているあいだに休憩は終わり。
ようやく私のお待ちかね。
ショーが始まった。

輝くミラーボール!
緑のレーザー光線!
きらっきらの衣装!
ギラッギラのスター!
うおおお、これこそタカラヅカだあああ!

そのとき背後の扉がひらき。
ダンサーが客席通路になだれ込んできた!
「客席降り」というやつだ。
客席通路で踊るのだ。
衣擦れの音がきこえる近さ。
妹はかなりびっくりしていた。
興奮していた。
若い娘役さんがひとり、妹にむかって微笑みかけてくれた。
その瞬間。
妹が震えだした。

ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガ・・・。

けいれんを起こしている。
てんかんの発作だ。

声をあげたりはしない。
ただ、顔はムンクの叫びみたいになるし、全身が壊れた機械みたいにビックンビックンしてる。
私たちは慣れてるけど
初めて見る人には恐ろしい光景だと思う。
客席案内係のおねえさんが
 「大丈夫ですかっ!」
すっとんできた。
 「何かお手伝いできることはありますか!?」
ありがとう。
誰にもどうにもできません。
発作がおさまり、動かせるようになってから、外へ連れ出すことにした。

興奮しすぎたのだと思う。
音が大きいし。
照明はチカチカしてるしで。
刺激が強すぎたのだと思う。
(『PUCK』は何が起こるか知ってたから平気だったのだろう。)

母子室とよばれる、ガラス越しの席もあるにはあるんだけど。
2人とも客席はもう限界だろうと思った。
すると係の人が
 「モニター席はいかがですか。音量も抑えられますし」
といってくれた。

そういうわけで。
大劇場でまさかのテレビ観劇。


(発作のあとなので妹は半眠り)

これ気楽でいいなー。
おやつポリポリ食べながら観たい感じ。

それなりに楽しんでたら、一人だけ別席で見ていたボランティアの友人が
 「係の人が教えにきてくれた」
と下りてきた。

私と友人は後ろ髪ひかれまくりだったけれど仕方がない。
母も妹も体力が限界だ。
帰ることにした。

最後に妹が
「トイレにいきたい。」
というので。
障害者トイレに行ってみると!

紙オムツの中で、ウ×コ爆弾が爆発してた。
鬼下痢ってた。
大惨事だった。
地獄絵図だった。
2人がかりでも掃除に20分かかった・・・。
泣きたかった・・・。

ぎゃーぎゃーいいながら掃除しているとき
 「あんたが悪いなじゃいよ、大丈夫だよ」
と、母が妹を慰めていた。

舞台は最高だったし
楽しかったけど
ものすごく楽しかったけど!
力尽きた(私が)・・・。
またいつか、宝塚みれるといいな・・・。


スポンサードリンク

≪進む 
該当の記事は見つかりませんでした。