在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

志々雄が怖すぎて映画鑑賞を挫折

妹は去年ひどい褥瘡(床ずれ)になった。
場所はお尻。
原因は、車椅子のクッションが合わなくなっていたことに気付かず、使い続けたせいだった。
痛みのあまりほとんど座れなくなり、ご飯も横になって食べるくらいだった。
あんなにお出かけ好きだったのに、車椅子にも座れないもんだから、どこにも行けなくなっていた。

治療を初めて1年2か月。
施設に入所して8か月。
お尻の傷がとうとうふさがった。

まだまだ完治というには程遠いが、一応は座っていられるようになった。
先月はためしにコンサートへ連れていった。
そして今日は映画に行った。

映画が大好きな妹は、以前は月1ペースで映画館に通っていた。
『ハリー・ポッター』は全作品見たし、
『踊る大捜査線』も昔から見てた。
『メイちゃんの執事』なんかも好きだった。
映画にはイケメンとポップコーンが欠かせないて言っていた。

そんな妹が1年半ぶりに映画にいく。
2人ですっごいわくわくしてた。
妹は久しぶりの大スクリーンにわくわくし、
私は妹がここまで回復したことにわくわくしてた。

なのに!
映画が始まるや否や!
妹は発作を起こしかけた。
なんかびっくんびっくんしてた。
1時間ちょっと頑張ったけど
「もう無理」
というので途中で帰った。

褥瘡が痛かったわけではない。
発作のせいでもない。
体調が悪かったわけじゃない。
ただ、耐えられなかった。

妹は普段、静かな静かな施設で暮らしているから。
刺激が大きすぎたのかもしれない。
大きな音に耐えられなかった。
そしてなにより、怖かった。
 「人がいっぱい死ぬのが怖くて、見てられなかった」
『るろうに剣心 京都大火編』。
斬ってなんぼのお話だ。
かっこいいから良いかと思ったんだけど。
・・・お姉ちゃんは最後まで見たかったよ・・・。

ヘタレな姉妹に応援の1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

0

ショートステイって本当にありがたい

オヤジが尋ねた。
「母さんは、ショートに泊りにいくのどうなんかな?
 好きなんかな、嫌いなんかな?」

それを私に訊いてどうしようというのだろう?
ショートに行くのが好きか嫌いかなんて。
考えたくもないことだ。
嫌いでも、行ってもらわなければ困る

母がいない夜。
私はオムツと体位交換から解放されてゆっくり眠ることができる。
「門限4時」じゃなくなる。
ご飯をつくらなくてもいい。
ぜいたくかもしれないけど、そんな夜が月に1回くらいはやっぱり欲しい。

あんまり好きじゃないとは思う。
でも母はよく分かっているから絶対に嫌とは言わない。
2か所の施設と契約を結び、毎月1泊か2泊、行きたい方を使うことにしている。

おかげで私は今日一日、外に出られた。
たくさん人のいるところに行った。
友達に会えた。
たくさんたくさん喋ることができた。
たくさんたくさん笑うことができた。
元気チャージしてきた。
それから妹を迎えにいった。

いろんなことができたのは、
母がショートに行ってくれるおかげ。
そして施設の人たちが頑張ってくださるおかげ。
本当に本当にありがたいです。

明日からまた、頑張ります!

近いうちに宝塚ブログ更新します。
キャプテン連れていきました。
応援の1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

0

夏が終わりかけている

ツクツクホーシが鳴いて。
萩が咲き始めて。
雨ばっかり降っているあいだに夏が終わろうとしている。

母は今日からショートへ行った。
毎月1泊は泊りにいってもらってる。
母を預けているあいだに、この夏、私は山へ行った。
海にも行った。
友達とランチにも行ったっけ。
私だけめっちゃ遊んでる。
ごめんよ、母・・・。

「海を見にいきたいねえ」
って、母は前から言ってたのに。
「せっかく夏なんだから、泳げなくても、青い海がいいねえ」
でもずっと雨でさ。
夏休みはどこも混むしさ。
車椅子を連れて出かけるのは難しいと、悩んでる間に夏が終わろうとしている。

母がショートにいってる間、私はストレス発散させてもらってる。
だけど母は自分で好きなことをしてストレスを発散させることもできない。
来月からはいっぱい遊びに連れ出そうと思う(お金かからないとこで)。

応援の1クリックありがとうございます!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

≪進む  戻る≫
該当の記事は見つかりませんでした。