在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

リハビリの数え歌

「1,2,3,4,5・・・」
家で立位訓練をするとき母と私は数を数える。
手すりを握り、ふらふらとバランスを保ちながら、
 「6,7,8,9,10・・・」
100秒立つのが目標だけど、なかなか到達しない。
孫たちが一緒のときはもっとうまくいったのに。
 「梅ちゃんは100まで数えられるようになったかな」
と母は懐かしそうに笑った。
 「じゃあ次は英語で数えよう!」
  わん。
  つー。
  すりー。
  ふぉー。
小さな梅ちゃんを思いだしながら10まで数えた。
それが楽しかったらしい。
 「よおし!」
母が気合を入れた。
 「次はイタリア語で!」
って、イタリア語知らんし!
 「お母さん知ってるもーん」
母は歌うように数えてみせた。
 「ウーノ・ドゥーエ・トレ。
  クワトロ・チンクエ・セーイ・セッテ、
  オット・ノーベ・ディエチ!」
すげー!
40年以上前に習ったイタリア語をまだ覚えてるんだね!
 「じゃあ、次はあんたがスペイン語で」
えええー。
思い出せるかなあ。
  ウノ・ドス・トレス。
  クアトロ。
  ・・・・・。
忘れた。
3年前に勉強したスペイン語、もう忘れた。
 「お母さんの勝ち」
ちくしょー。
 「いろんな言葉で数えるようにしたらおもしろいね!
  中国語とかドイツ語とかロシア語とかね!」
うん。
楽しそうだね。
それもいいけど、ちゃんと立ってね。


(本屋でこんなの買って来ました。)

母は勉強が好きです。
病後の暇つぶしに語学ができればいいなと思ったこともありました。
でも
 「なんでだろう、新しいことを覚えようとすると頭痛がするの」
というので諦めました。
だから、数字だけでも。
挨拶だけでも。
世界の国の言葉でいえたらいいねと母は嬉しそうに言っています。
 「そしたらリハビリが楽しくなるね!」
人生は楽しんだもの勝ちだと母はいつも教えてくれます。

ちなみに私は新しいことを覚えようとすると眠気に襲われます。
だらしのない私にお叱りの1クリック!よろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

0

薬の仕分けという労苦

通院から帰ったオヤジが、薬の仕分け作業をはじめた。
朝昼晩と分けては薬ケースに入れていく。



カレンダー型のやつも昔は使ってた。



血圧の薬に狭心症の薬・・・。
錠剤にカプセルに粉薬・・・。
白いのや赤いのや青いのや・・・。
十数種類もある!
見ているだけでクラクラした。
オヤジは普段ゴミの分別もできないのに、なぜこれだけ大量の薬の分別ができるのだろう?
感心して口にだすと
 「そら、命がけやから!」
と答えた。

多くの高齢者は病院をいくつもまわり、たくさんの薬を飲んでいる。
薬局で頼んだら一包化してくれるらしいけど、それにはお医者さんの許可がいるみたいだし、病院を何軒もかけもちしているからまとまらない。
薬の分別は大変な作業になる。
介護者にとっても結構な負担だ。
自分で分けてたら飲みそびれることもあるだろう。

誰か!
誰か賢い人!
薬を仕分けする道具、作ってください!

薬を入れたら、コインを選別する貯金箱みたいに自動で分けてくれて、
「朝」「昼」「晩」「寝る前」とぜんぶセットして出してくれる。
夢のような機械。
これぜったいに売れると思う!
・・・誤作動があれば死人が出るから作らないのかもしれないけど。

以前、知り合いのおばあちゃんから
 「これ、いらんねん。アンタ飲みー」
といって病院で出されたビタミン薬を大量に押しつけられたことがあります。
私もいらないから捨てました。
薬代って、健康保険という税金から出ているわけですよね。
捨てるような薬が大量にあるってどういうことなんだろう?
と考えずにはいられませんでした。

母がショートから帰ってきたら、とたんにまたちょっと腰が痛くなりました。
病は気からの私に今日も1クリックで喝いれてください!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

0

うちのケアマネさん

介護関係のひとと話していたら
 「で、ケアマネさんはどう言ってるの?」
とよくきかれる。
私は首をひねる。
ケアマネージャーさん?
なんで?
べつになんにも言わないけど?
むしろほとんど顔も見ないけど?
 「だって毎月、家にくるでしょう?」
あー、なんか書類持ってくるよね。
玄関先でハンコ押したらすぐ帰っちゃうから、とくに話なんかしないよ。
 「え」
皆このへんで固まる。
 「お母さんと面談しないの?」
面談も何も。
母とケアマネさんは2,3回しかちゃんと会ってないはず。
 「ケアプランはっ!?」
書類仕事はしてくれてるよ。
でも内容は私が考える。
いろいろ調べて、アレとコレとこのサービス使います。
来月からはコレ増やします。
枠内でギリいけると思います、って。
 「それケアマネがやる仕事やで」
そうなの?
だって自分で決めるしかないやん?
 「情報とかくれないの?」
いや、べつに・・・。
わりと近所に老健の施設ができて募集かけてるらしいんだけど、その話をしたら
 「え、そうなんですか?」
ってキョトンとしてたくらいだから。
情報は口コミで集めてる。
私、ケアマネさんって、家と施設の連絡係かと思ってたけど、違うの?
まあ連絡しようにも滅多に電話がつながらないんだけどね。
携帯番号もなかなか教えてもらえなかったし。
私が先に施設に連絡して、ケアマネさんには事後報告することが多いかなあ。

べつに愚痴ったつもりはない。
困っているわけでもない。
悪い人じゃないし。
だけどこの話をしたら今までに3人の福祉関係者が
 「ケアマネージャーって変更できるんだよ」
と教えてくれました。
うーん。
本来ケアマネさんがどうあるべきなのか、全く知らないから、わからない。
皆さんのところはどんな感じですか?

ちなみに昨日パラグライダーでコケた足がめっちゃ青アザになってました。
遊び過ぎの私に1クリックで喝をいれてください!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

≪進む  戻る≫
該当の記事は見つかりませんでした。