在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

主治医さがしの旅

「主治医とケアマネージャーは、よーく選ばなくちゃいけないよ。
  当たり外れが大きいからね!」
と近所のおばちゃんに言われた。
うちは、両方ともはずした。残念。

ケアマネさんはおいといて。
主治医は選びなおそう。
市民病院の先生はろくにみてくれない。
痺れがひどかったときも、血流が悪すぎて爪がはがれたときも、夜中に吐いたときも、
あからさまにPC画面ばかり見てろくに患者をみないのだ。
診察時間は、1分。
あんまりひどいので担当を替えてもらったが、今度は
 「それくらい」
って言われちゃった。
 「それくらい、町のお医者さんでみてもらってくださいよ」

そっかー。
それくらいなのかー。
じゃあ町のお医者さんにいこう。
内科に行こう。
親切なことで有名な、近所の病院に行ってみよう。

で、行ったらめちゃめちゃ混んでいて。
待合室で2時間。
点滴で2時間。
会計でさらに30分。
母はぐったりしてしまった。

病院いって具合わるくなったら世話ないな。
よそいこ、よそ。

今日行ったのは初めていく内科。
めっちゃすいてた。
閑古鳥ないてた。
待ち時間、3分。
あんまりにもひとけがなくて寂しいので
 「心配・・・」
と母がつぶやいた。

月曜の朝からガラガラな病院の先生ってどうなんだろう?
評判が悪いのかもしれない。
ウデが悪いのかもしれない。
人が悪いのかもしれない。
少なくとも、口は悪かった。
 「吐いた翌朝に何食べた?」
ときかれて
 「パンとソーセージ」
って答えたら、ハッキリきっぱり叱られた。
 「吐いたあとにあぶらっこいもん食べさせたらアカンやろー!」
私が叱られた。
目をみて叱られた。
 「おかゆとか、柔らかいもんじゃないとな、誤嚥したら大変やぞ!」
お説教、めっちゃ長かった。

あの病院がはやらない原因は、医者としてのウデ以前に、優しくないからかもしれない。
なにしろ怖い。
ネチネチ叱る。
でも、空いてて暇なんで、話はじっくりきいてくれた。
嘔吐のことを相談するのは4人目だったが、叱る人も、目をみて話す医者も初めてだった。
それに、私にはめっちゃ強気で叱るくせに、
母に話しかけるときは別人のように優しかったのだ。
それがちょっと嬉しかった。
結局、嘔吐の原因は不明のままだが、ツンデレ先生は胃薬をだして
 「これで治らなかったら、こんどはちゃんと診てもらえるように、検査してもらえるように、僕が紹介状かきますから」
といった。
治ったら、この先生をかかりつけにしようと思う。
治るといいなー。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

0

おもしろそうな本

「この本おもしろそう!」
私にしては珍しく、平積みになってた文庫本を衝動買いした。



ひとりだけの貴重な時間を読書にあてる。
静かな部屋にコーヒーを用意して。
物語が始まるときの高まりを感じる。
どきどき。
わくわく。
ときめき。
表紙をめくる。
1行目で気づいた。

 「これ、読んだことある・・・」

まったく同じ本を去年、買ってた。



カバーが違ったからぜんぜん分からなかった。
本なんて年に3冊も買わないのに、衝動買いなんかするもんじゃない。
ちょっと黄昏てくる・・・。



こういうことやるの3回目です。
我ながら、ちょっとやばいかもしれません。
1クリックで慰めてください・・・。
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
0

『それくらい』のこと

午前2時。
草木も眠るうしみつどき。
母が咳き込みはじめたので私も目が覚めた。

ゴホッ。
ゴホゴホッ!
ゴホゴホゴホゴホホホホホ・・・グウェアシャアアアア!

わあ、変な咳。
北斗の拳みたいだね。
じゃない。
めっちゃ吐いとる!!

私は跳ね起きて母の上体を起こし、タオルでゲロを受けた。
・・・だだだ、大丈夫!?
 「あの、ごめんちょっと、トイレに行こうかと思うんだけど」
・・・はい!?
 「トイレまで走ってって吐こうかと、ウゲエエエ!」
いや、走れないよね!?
それ以前に立てないよね!?
というかもう吐いちゃてるから!

つっこんでる場合じゃない。
寝返りできない人間が仰向けのまま吐いたらめっちゃ怖いねん!!!
下手したら死ぬで!

風邪でもノロでもなく、たぶん胃がおかしいのだと思う。
市販の胃薬(セルベール)飲ませたらおさまるから。
ここのところ、胃薬きらせて飲んでなかった。

とにかく突然だ。
突然、吐く。
なんの前兆もない。
だからすごくびっくりする。
夜中に吐いたあとはケロッとして眠り、朝も
 「おはよー! おなかすいたー!」
ぱくぱくご飯を食べていた。
と思ったら、ごはんを食べながら吐いたから、またびっくりした。
ゲロといっしょに入れ歯まで出てきたし。
しかも入れ歯とんでいってどこにいったか分からんようになったし。
大探ししたら、車椅子の座布団のすきまから出てきた。
お出かけ好きの母も、さすがに今日は一日中ゆっくり寝ていた。

この原因不明の嘔吐。
先日、市民病院の脳外科で相談したら
 「それくらいのことは町のかかりつけ医院にいってください」
と却下されてしまった。
『それくらい』なんだ、これ。
なんやそれ。
どないやねん。
ぶつぶつ言いながら、明日は町の胃腸科にいってみようと思います。

いつも読んでいただいてありがとうございます!
今日も励ましの1クリック、よろしくお願いします!
 ↓ 
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

≪進む  戻る≫
該当の記事は見つかりませんでした。